【コロナ後でも参考】20代のうちに読んでおきたい本11冊紹介!

コロナ後の激変社会でも若者にとって役に立つであろう本


こんにちは、日々読書の習慣も欠かさずに実施しているゆきじゃ(@yukizyajbcc)でと申す者です!

若いうちから読書をすることの重要性は知っているのだけれども、本の種類が色々とありすぎて、どの本からまず読めばよいのか分からない人もいるかと思います。

僕もこれから読書の習慣を始める際、どの本から読めばよいのか迷ったりもしましたが、Twitterでいろんな人のおすすめ書籍の紹介等を見てみたり、実際に読んでみたりもしているうちに、中盤で紹介していく本は誰でもおすすめ出来そうだなあというのが段々分かってきました。

まだ本記事を投稿した現段階ではありますが、特にこれからの若者にとって、本記事でもおすすめする本は、きっと人生の役に立つことは間違いないであろうというふうにも僕自信も思っております。

人生は一度きりしかないので、これらの本と出会ったことがきっかけで、今後より充実した人生を送ることが出来るきっかけとなりましたら幸いでございます😊

日々の情報収集源に欠かせないTwitterとかでも、このように呟いたりとしました!

ではここからは、これからの若者にとって僕的にも是非おすすめしたい7冊の本と、追記でコロナ後に出版された3冊の本について紹介していきます。

◎目次

これからの若者にとって、まずこれらの本を読んでおけば、まず今後の人生に役立つことは間違いないかと思います!

机に置いてある6つの本

では早速ではありますが、これから以下で紹介していく本は、これからの若者が、まず人生において読んでおきたい本になることは間違いないであろうと僕自信も思っております!

【これからの若者におすすめ出来るであろう書籍は以下の通りかと思います!】

・金持ち父さん貧乏父さん
・嫌われる勇気
・完訳 7つの習慣
・エッセンシャル思考
・LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
・時間術大全
・全面改訂 投資信託選びで一番知りたいこと
・確定拠出年金の教科書


これらの本類はみな、インスタグラムやYouTubeなどでも発信し続けている、影響力のある人もおすすめしていることが多く、中でも「金持ち父さん貧乏父さん」という本は一番におすすめしていることが多いです。

ちなみにこの本をディスっている人もいるのが現状なのですが、例え読書が苦手な人とでも、この本と出会ったことで読書好きになっていった人もいますので、僕もまず最初に読む本としても「金持ち父さん貧乏父さん」をおすすめしたいものですね~

この本を読み終わったあとは、次に「嫌われる勇気」という本、それから「7つの習慣→LIFE SHIFT(ライフシフト)→エッセンシャル思考→後は確定拠出年金の教科書等」といった読書の流れが一番よろしいかとも思いますね!

ではここからは、以下で紹介する本の特徴を僕なりの主観ではありますが、一つずつ述べていきたいと思います!☺️

後、それぞれの本についての読書レビュー記事も書いておりますので、そちらも是非参考になれれば幸いかと思っております!👍

~金持ち父さん貧乏父さん~ 著者:ロバート・キヨサキ

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さんは、金持ちの人と貧乏の人の真っ向から違った考えが述べられており、双方の違いや特徴について知ることができます。

人生を変える不屈の名著としては、もうド定番中のド定番として紹介されており、この本と出会ったほとんどの人はその後に、何かしらの事業を起こしたり、資産運用や投資を始める人も多いです。

驚かれるとは思いますが、私たちが今まで学校教育で教わってきたこと、今現在社会で常識となっている考え方って実は貧乏人の考えとほぼ一緒だったりするんですよね…

「いい大学に入って会社に認められる頭の良い人間になれ!」というのもそうですし、お金が嫌いであるとうことや、年金といった公的制度に頼ろうとするのも該当するかと思います。

金持ちの人たちに共通する答えが、この本にほぼ詰まっているとも過言ではないので、お金の価値がどんどん下がり続けてしまっている今現在でこそ、絶対に読むべきではないかと僕も断言するかと思いますね!🤔

関連記事:【書籍感想】金持ち父さん本は1度でも読んでいきたい本です!

~嫌われる勇気~ 著者:古賀 史健&岸見 一郎

嫌われる勇気

嫌われる勇気は、自己啓発の父と呼ばれる「アルフレッド・アドラー」が提唱した、人間心理学を分かりやすくまとめられた本となります。

累計200万部以上売れている大ベストセラー本でもあり、書店やネット通販などでも今なお売れている不屈の名著の1冊てもあります。

簡単な内容としては、対人関係で悩んでいる青年が、哲学に詳しい哲人の元を訪れ、アドラー心理学に基づいて青年の悩みを解決していくといった話になります。

あえて結論を述べてしまうならば、「1.他者に認められるだけの人生は不幸であること。2.他者は競争相手ではなく仲間であること。3.他者や社会に貢献していくのか。」が自分の行動基準である。ということが挙げられますね~

他にも、アドラー心理学による悩みの解決方法も見つかるので、対人関係で常に悩んでいる人にこそ是非読んで欲しい本であるとも言えますね!

関連記事:対人関係で悩む人は「嫌われる勇気」で解決します!

~完訳 7つの習慣~ 著者:スティーブン・R・コヴィー

7つの習慣

完訳 7つの習慣は、自己啓発本の中では一番有名であり、人間性を高めていく基礎的な知識がほぼ完結されているのが特徴の本です。

大まかな内容としては、まず他者との関係において成功していくためには、まず自分自身や自分の周りの環境から改善していく必要があると述べられております。

第1、第2、第3の習慣を取り入れることで、自分自身を依存状態から自立へと促し、その後に第4、第5、第6の習慣を取り入れることで、自立から相互依存の関係へと促すことが可能となります。

そして第7の習慣を取り入れつつ、継続的に自分自身を磨き続けることで、どんな状況にも屈しない最高の人格を創り上げることも可能になるのだそうですね~

いずれにせよ、この本は人間性をも豊かにしてくれる効果をも秘めているので、自分自身を成長させていきたいと思ったら、第1にこの本を読むことをオススメしたいですね!🧐

関連記事:【必読書】7つの習慣を実施すれば、豊かな人格が出来上がる。

~エッセンシャル思考~ 著者:グレッグ・マキューン

エッセンシャル思考

エッセンシャル思考は、真の思考が出来るエッセンシャル思考の人の特徴と、非効率の人の考えである非エッセンシャル思考の人の真っ向からの違いについてまとめた本になります。

この本も名著の一つとしても数えられているそうで、日本はおろか、海外の著名人らも、かなりこの本を絶賛しているそうです。

私たちの経済活動のほとんどは、長時間労働や我慢強さ、精神論や常に忙しいが美徳といった非エッセンシャル思考的な活動が占めているのが現状かと思います。

もしこれが逆に、私たちの経済活動全てがエッセンシャル思考で占めていれば、今回のコロナウイルスによるパンデミックを防ぐことが出来た他、環境の変化に誰しも必ずうまく適応出来たり、みんなが自由になれるといった夢物語とかも早期に実現出来るかもしれませんね~

ここまでは言い過ぎかと思いますが、そのくらいこの「エッセンシャル思考」という思考法を取り入れるか取り入れないかとで全然違ったりもしますので、この本は是非世界中の誰とでもおすすめしたいと思うほどおすすめ出来るかと思いますね~☺️

関連記事:【要約込】「エッセンシャル思考」の感想を述べてみる!

~LIFE SHIFT(ライフシフト)~ 著者:リンダ・グラットン&アンドリュー スコット

ライフシフト

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)は、今の私たち現役世代が、これから当たり前となってくる「人生100年時代」をうまく生き抜いていくために、どう生活・行動をしていけば良いのかが詳細に述べられた本になります。

時代が変わってしまった以上、親の世代のような「一直線のキャリアを歩み続ける」という人生はもう通用せず、これからの時代は変化が目まぐるしくなっていきます。

企業の寿命が短くなっているのも、資産運用や副業が重要になってくるのもほぼ同義であるとも言えますし、他者に依存せずに、これからは自分の頭で考え、そして行動していくことが何よりも重要になってきます。

どんな変化が訪れてもうまく適応出来る適応力と、無形資産と呼ばれるプライベート面での人脈作り等をまず最優先で磨くことの重要性を、この本では特に強調されたりもしておりますね。

人生100年時代を、悔いのないように生き抜いていくための方法や手がかりなどがぎっしり詰まっている、そんな本だなあとも感じておりますので、人生の生き方について悩んでいる人とかはかなり参考になるかと思いますね!☺️

関連記事:LIFE SHIFTは人生100年時代の必読本である!

~時間術大全~ 著者:ジェイク・ナップ&ジョン・ゼラツキー

時間術大全という名前の本

「世界一忙しい職場」を変えた2人のアメリカ人が送る「時間術大全」は、仕事やプライベートでも使える戦略が87個ほど紹介されております。

我々現代人の暮らしは豊かになっていったとはいえ、未だ現代社会からの要求に答えなければならないように、常日頃忙しい日々を送り続けてしまっているのが現状です…

この本は、そういった社会からの忙しさから時間を確保していく工夫や、様々な現代からの誘惑などから回避していく方法について色々と紹介されております。

例えば僕の場合ですと、寝る前に小さな明かりをつけてあえて夕暮れ環境をつくり、また寝る前にはチョコレートを食べないというところが一番参考になり、お蔭でぐっすり眠れることが多くなったところですかね。

中々時間を確保出来ずに悩んでいる方にとっては参考になるかと思いますので、僕的にもこの本もぜひおすすめ出来るかと思いますね🤔

関連記事:【感想・一部紹介】時間術大全はどのジャンルでも応用可能です!

~全面改訂 投資信託選びで一番知りたいこと~ 著者:朝倉 智也

投資信託選びで一番知りたいことという名前の本

全面改訂 投資信託選びでいちばん知りたいこと」という本は、資産形成の際の投資信託選びで迷っている人向けに出版された、投信評価NO.1会社「モーニングスター株式会社」社長朝倉 智也さんの著書となります。

ベストセラーにもなっている前著「投資信託選びでいちばん知りたいこと」の完全リニューアル本ということだけあって、コロナ後に合わせて年代別ポートフォリオが新しくなっていたり、老後までに積み立てた資産はこう活用していくというふうに追記されたりもしております。

特に「My投資信託」と呼ばれる、数多くある投資信託の中から自分に合った投資信託を簡単に見つけられるスマホアプリもあるそうで、このアプリの使い方に関しても詳細に紹介されたりもしております。

ちなみにこのアプリは「ウォッチリスト」と呼ばれる保存機能も搭載されており、投資信託の資金状況の確認の際の保存はもちろんのこと、アメリカのS&P500や日本の日経平均といった、代表的な株価指数だって保存し、そしていつでも状況を確認することだって出来てしまいますね~

話を戻しますが、この本でももちろん、今現在何の投資信託が優良なのかについても述べられてもいるので、資産形成の際にこの本が絶対に役に立つことは間違いないかともいますよ!💰

関連記事:【感想・一部内容】コロナ後投信選び参考書はこの本が最も最適です!

~確定拠出年金の教科書~ 著者:山崎 元

確定拠出年金の教科書という名前の本

確定拠出年金の教科書」は、「教科書」というタイトル通り、主に確定拠出年金に関する概要や特徴などを一通りまとめた、楽天証券で今現在も勤務している山崎 元さんの著書になります。

確定拠出年金をこれから始めようとしている人や、すでに始めている人でも参考になれる箇所が多く、影響力のある人たちの中でもおすすめされていることからも、確定拠出年金参考時はまずこの1冊で十分でしょう。

確定拠出年金についてはちなみに、企業内に導入されている企業型確定拠出年金もあるようで、その企業型の裏側の事情についても、この本でしっかりと知ることが可能です。

また、企業型から個人型へ移行する際のやり方や注意点についても述べられているため、確定拠出年金で逆に損失を被って最悪ゼロになる、といった事態も未然に防ぐことが出来るかとも思います!

ちょっと色々と、難しいことが書かれていたりすることも多かったりするため、特に確定拠出年金での積み立て中に、何かあった時にこの本を活用していくやり方が、最もセオリーになってくるんじゃないかと僕は思いますね🤔

関連記事:【感想・一部紹介】iDeCo時は「確定拠出年金の教科書」で十分理解可能です!

追記という形になりますが、ここの見出しから紹介する本たちもオススメできるかと思います! ※なお、これらの本はみな、コロナショック後に出版された本です!

机に置いてある3つの本

まだ今現在という段階ではございますが、これももしかしたら若いうちにぜひ読む価値があるなあという本3冊を、僕なりの主観で厳選してみました。

ちなみに僕が厳選してみた3冊の本というのは以下の通りになりますね。

【これらもぜひおすすめしていきたい3冊の本】

・お金の大学
・人生攻略ロードマップ
・億を稼ぐ積み上げ力


またこれらは、本記事を投稿した最近前に出版されたものばかりであり、本によってはコロナなどの最新の情報までも載っているため、比較的参考になれる部分も多いかと思います。

過去に僕も、CJさん主催のジャックナイト2ndで1度あったこともあり、その際みんなから親しまれ続けられたりとした様子も見たことがあるため、さすがは本を出版するだけ愛されているんだなあとも感じました☺️

ちょっと余談的なことを言ってしまいましたが、これらの本も、若い人たちには特に参考になるかと思いますので、ぜひ読んでみてはいかがかとも思っております!😊

~お金の大学~ 著者:両リベ学長

お金の大学という名前の本

両リベ学長さん(@freelife_blog)初著書である「お金の大学」は、お金に困らないようにするための基盤となる固定費の削減が主となるのですが、お金を更に増やすコツや、お金を外部から守ることなどについても述べられております。

また彼は本以外でも、YouTubeやInstagram、Twitterなどいった各種メディアでも常日頃から発信し続けており、彼のもとにも多くのファンが存在しております。

インスタグラムのフォロワー数は13万人、Twitterのフォロワー数は20万人以上と、圧倒的にも多くのファンが存在していることからも、彼がいかにファンから愛されていることも見て取れるかとも思います。

僕も実際に格安SIMへ移行することが出来たことや、自動車保険を安くすることが出来たのも、彼の発信する情報のおかげと言っても過言ではないです!

そのくらい、彼の著書「お金の大学」は、「金持ち父さん貧乏父さん」級に人生を変える可能性をも秘めているんじゃないかとも思っておりますので、特に生活するのに精一杯の人とかは、絶対に読んでおいた方がいいのではないかと思います!☺️

関連記事:【感想・一部紹介】「お金の大学」はどの金銭教本よりも分かりやすいです!

~人生攻略ロードマップ~ 著者:迫 祐樹

人生攻略ロードマップという名前の本

今の世の中、20代前半という若さでプログラミング講師となり、様々な年代への指導経験の他、年商10億もの会社を作りあげて、今もなおも経営者としても活躍している迫 佑樹さん(@yuki_99_s
)というかなりヤバイ方が存在します。

そんな彼の初著書である「人生攻略ロードマップ」は、主に彼が若くして自由度の高い人生を、誰でも攻略していくステップなどについて詳しく明記されております。

ちなみにこの本で言う「人生を攻略した状態」とは、経済的な自由、精神的な自由、肉体的な自由、時間的な自由の4つの自由を満たしている状態のことを言うそうです。

その「人生を攻略した状態」を目指していくには、当然ながら自分の事業を作っていくという道は避けて通れない道であるそうで、その他事業の一部外注化や仕組み化等も作っていく必要もあるそうです。

人によって、難易度が高いと思う人が多いかと思いますが、それでも自由を目指していきた人にとって最も最速な道のりであることは間違いなさそうなので、ぜひ一度でも目を通す価値はあるかと僕は思いますね!🤔

関連記事:【感想・一部紹介】様々な自由を手に入れるための人生攻略の鍵はこの本にもあります!

~お金の不安がなくなる資産形成1年生~ 著者:小林 亮平

資産形成1年生

お金の不安がなくなる資産形成1年生」は、これから誰もが資産形成をする必要がある時代に、お金にまつわる大切なことや節税方法などが紹介された小林 亮平さんの著書になります。

「中々お金が貯まらない人はどのような人なのか?」の他、収入の10%を貯金する「先取り貯蓄」や楽天経済圏の活用とかが紹介されております。

ふるさと納税についても分かりやすく解説されているため、これからふるさと納税も行おうと考えている人へも優しい内容となっているのもいいですね~

イラストも多めで非常に読みやすい本なので、読書が苦手な人でも容易に読めると僕は思いますね☺️

関連記事:【お金の最低限でいい知識】資産形成1年生はその参考に最適です!

読書を習慣づけると、今後の人生は必ずといっていいほど有利に傾きます!

森の中で本を読む女性

本を全然といっといいほど読まない人にとって、久しぶりに本を読み始めてみると辛く感じてしまうのが現状なのですが、それでも無理矢理読書の習慣はやっぱりつけた方がよいです。

若いうちから読書を習慣づけることで、専門用語を覚えたり、知識が豊富になったりする他、これまでにない新たな発見とかも見つけることが可能になります。

また余談ではありますが、読書を習慣づけていろんな事に詳しくなっていったりしていくと、読書していない年上の人たちが、自分よりも格下の存在に見えたりもしていきます(笑)

今の年上の人たちが、「今の若者はダメだ」と言わんばかりに見下しているのが現状なのですが、読書を習慣づけていると、見下された際に「ああ、この人たちはメディアに洗脳されてしまっているなあ…」と、精神的にもタフさを発揮することも可能になりますね。

こんな感じで、読書を習慣づけることで、自分の人生に優位性を持たせることが確実に可能なので、まずは1ヵ月に1冊という目安で始めていければなあとも思っております!☺️

最後に:読書は本当に偉大なので、本記事のおすすめ書籍記事が少しでも読書の習慣化の後押しとなれれば幸いです!

青空の下に置いてある本

いかがだったでしょうか?

読書を習慣づけるというのは、同時にいろんなメリットの恩恵を受けることだけではなく、様々な技や魔法習得するように、自分の選択肢を幅広くしてくれたりもします。

なお、起業等で成功している人たち、投資で金持ちになっている人たちとかは、ほぼ必ずといっていいほど読書が習慣化されており、彼らは目的が達成してもなお、読書は引き続き習慣として根付いております。

そこまではもし目指さなくとも、読書を習慣化するだけで、仕事面で他の誰よりも有利に傾けることが出来たり、プライベート面でも家族や友人らと、さらに親しく接することだって出来るようにもなったりもします!

読書はいろんな意味でメリットしかなく、自分の人生をより充実もしてくれるかなり素晴らしいものなので、一人でも多く今からでも読書の習慣を始めるきっかけとなりましたら幸いでございます!😊