【8000文字】1日1食への移行は誰でも可能!

1日1食は誰でも可能


こんにちは、自分を変えるために相当な努力をしたゆきじゃ(@yukizyajbcc)です。

当然ながら僕自身も、1日1食中心生活にするのにも相当な苦労がありまして、やっと3食中心生活から完全に抜け出すのに2ヵ月もかかりました😅

しかしその分、得られたものの方が非常に多く、食費がかなり減った他に心が広くなったりといったメリットなどと、その数はなんと30個以上にも及びます!

食の楽しみが半減してしまうのがネックですが、その分疲れにくくなったりして仕事が遊びと化したりと、人生が変わるほど1日1食中心生活は最強なので、一人でもその魅力を伝えていきたいと思いました😊

日々の情報収集に欠かせないtwitterでも、このようにつぶやいたりとしました。

ここからは、1日1食中心生活への移行は誰でも可能であるということや、その時の注意点、3食によるデメリットや洗脳一覧、その他移行していく最中の過程例など、8000文字以上にも及ぶ長文でより細かく述べていきます。

※これから1日1食中心生活に慣れさせる際は、当方は責任を負いかねますのであくまで自己責任という形でお願いいたしますm(__)m

※本当ならば、3食から1食にする際に実際の過程の様子を画像付きで説明していきたかったのですが、その際にはまだブログをやっていなかったためにその時の写真を残していなかった為、過程の様子は文字での説明となりますのでその点もご了承願いますm(__)m

誰でも1日1食中心生活にすることは可能です!

家で食事をする女性

今のところ、本やネットからの情報といったものから完全に合わなかったという人は見かけないため、誰でも1日1食中心生活にすることは可能であるといってもいいでしょう!

1日1食中心生活に関連する本を読んでも、「おかげさまで人生を変えることが出来ました!」などといった喜びの声が多く述べられておりましたし、実際に昔ネガティブ思考だった僕でも、1日1食中心生活にしてから一回も仕事を早退したり休むことがなくなったりと、その偉大さを感じております👍

テレビがだいぶ前に、1日1食中心生活の人を特集していたらしく、その後に体が悪くなる的なイメージ映像も報道していたのですが、あれはスポンサーが儲けが減るのを防ぐための罠なので無視しちゃっておkですw

こんな感じで、1日1食中心生活にするまでの過程の苦難さえ乗り越えてしまえば、誰でもその恩恵を受けることが可能なので、その魅力を十分に感じたらぜひ試してみましょう!

まだ十分にその魅力&不安に思う方は、僕が以前に書いた記事と参考になった本を掲載しておきますので、こちらも合わせてどうぞ~

関連記事:超少食で何もかも生まれ変わる!?【ガチで人生変わります!】

超要注意:いきなり1食にしないこと!!

「早く1日1食になって活躍している人と同じようになりたいんだー!」

「一刻も早く自分を変えたいんだー!」

上記の文のように、早く自分を360度変えていきという気持ちは分かります。

しかしだからといって、3食から次の日には1食というふうにしてしまうと、体が飢餓状態に追い付かず、そのまま体が「早く食べたい。」と興奮状態に陥って仕事に支障きたしたりとしてしまいます。

あと最悪の場合には低血糖症に陥ってしまい、その場で倒れてしまうという危険性すらあります!

そのような危険性もあるため、ここは早くなりたいという欲求はこらえていき、中盤で述べる事項のように少しずつ体を飢えに慣れさせていく必要があります。

何ヵ月かの間にそういった努力を積み重ねていけは、誰でも僕のように1日1食中心生活にすることが可能です!

まずは今現在も信じられている食の常識をぶち壊すことから。

破壊することのイメージ

まずこれから食事回数を徐々に減らしていく前に、今現在でも信じられている食に関する常識をぶち壊していく必要があります。

「3食しっかり食べなさい!」といった常識は、いわば食品業界や医療業界が儲かるために仕組んだ罠であり、その事の発端には、かの発明家で有名なエジソンがトースターを儲けさせるために誤った情報を世に広めたことから始まります。

その誤った常識が、長い年月をかけて徐々に世界中に浸透してしていき、「3食食べるのが今や常識!」というふうに今現代に至るのです!

その影響によって、周囲の人や友人からいろいろと言われたりするかもしれませんが、自分を変えていくためには悪影響でしかないため、そんなものは遠慮なく無視しちゃっておkです。

もし周囲のからの言われに飲み込まれることが多かったら、本を読んだりといった自己投資で自分の精神を鍛えていくことを先手にした方が良いかもしれません。

「3食食べないと死ぬよ!」と、周りに言う人に限って、風邪や病気をよく引き起こしたり、体も良く壊したりしているのも事実ですからね🙄

【3食中心生活による洗脳一覧】

「3食食べないと死んでしまう。」
「常に食べないとストレス発散が不可能だ。」
「3食食べないと病気や風邪が治らないと思っている。」
「3食しっかり食べないときちんと栄養がつけられない。」
「お腹がなっている。これは何か食べないといけないな。」
「超少食にすると死ぬんじゃないか?」
「食べないと死ぬ。」
「飢えらせるのは危険だ!」
「飢えはやだ!」
「3食しっかり食べないときちんと栄養をつけられないよ!」

などなど・・・


①:ザイアンスの法則により、誤った食の常識を解いていくことは可能!

3食による誤った常識を解いていくのはなかなか容易ではないのですが、ザイアンスの法則(単純接触効果)という一種の反復法の性質を使って解いていくことが可能です。

ちなみにザイアンスの法則(単純接触効果)を引用してみると、このような感じになりますね~

単純接触効果(ザイアンスの法則)とは、人や物に何度も接することで、次第に警戒心が薄れて、その人や物に対して好意を抱く効果を指します。

社会生活の場で、初対面の相手に対してまったく警戒心を抱かないという人はまれでしょう。しかし、2日、3日と一緒に過ごすことで警戒心は消えていき、次第に打ち解けていく、これが単純接触効果です。

ビジネス心理学)より

プライベートや仕事場などで、最初は見知らぬ他人のような関係から、次第に親近感を湧くようになるという経験は誰しも必ずあるでしょう。

この性質を応用し、ネットで調べたり本を読んだりしている最中、果ては頭の中で念じる時でも「3食による常識は間違った常識で、食品業界と医療業界が儲かるための洗脳なんだー!」というふうに、自分の頭の中の考えを何回も何回も改めていくのです。

1日に1時間あたりや、数日かけたりなどしていくうちに、徐々に自分の頭の中の間違った常識が、次第に解かれていく日が必ず訪れることでしょう。

「3食による間違った常識がほぼ完全に解かれたかもな!」と感じたら、次に3食(食べすぎ)によるデメリットも知っておくようにします。

②:3食(食べすぎ)によるデメリットも知っておこう!

「食べすぎは体に悪いですよー!」的な情報はテレビとかでもよく報道されておりますが、それ以前に3食食べること自体食べすぎなんですよね。

あのビートたけしとかも、「1日3食はフルマラソンを走っているのと同じくらいのエネルギーを消費する。」とも言っておりますし、昔の日本人も江戸時代中期までは1日2食を中心とした食生活が当たり前でした。

本やネットなどで情報仕入れたり、日々の体験からもメモったりして情報を仕入れていく中で、3食(食べすぎ)による弊害はこんなにもあることも分かりました。

【3食(食べすぎ)による弊害一覧】

・お金が目障り減っていく。
・インフルエンザにかかりやすくなる。
・ケガをしやすくなる。
・搾取されやすくなる。
・行動を起こしにくくなる。
・病気や風邪にかかりやすくなる。
・すぐに眠くなる。
・すぐに体か壊しやすくなる。
・切れやすくなる。
・トラブルが遭った時にカーっとなりやすい。
・疲れやすくなる。
・仕事でミスをしやすくなる。
・睡眠時間が長くなる。
・幸福度が低くなる。
・体か重くなりやすい。
・体か衰弱しやすくなる。
・ネガティブ思考になりやすくなる。
・すぐに他人を巻き込みやすくなる。
・プライベート時間が食によって潰されることが多くなる。


上記の3食(食べすぎ)による弊害一覧も、ザイアンスの法則(単純接触効果)という方法を使い、何回も何回も念じたりなどして徐々に頭の中へ植え付けていきます。

「3食によって風邪やウイルスにもかかりやすくなるんだー!」「3食によって病気や怪我を起こしやすくなるんだー!」というような感じにですね。

3食による間違った常識が解かれたときと同じように、3食(食べすぎ)による弊害を良く知ることも出来たら、最後に1日1食中心生活にすることによるメリットも取り込んでおきます。

③:1日1食中心生活にすることによるメリットは、こんなにもあるということも知っておこう!

ここまでで、「3食による誤った情報の取り除き」や「3食(食べすぎ)による弊害を知ること」というふうに価値観を改めていった後に、今度は「1日1食中心生活にすることによってどのような恩恵を得られることが出来るのか?」というメリットを頭の中に取り込んでいきます。

当然ながら、3食による負の遺産を取り除くだけでは不十分のため、その上に1日1食中心生活によるメリットを積み上げる形で頭の中へ取り込んでいきます。

1日1食中心生活によるメリット一覧も再度掲載しますので、このメリット一覧を何回も何回も目で追いやったり、一覧自体をそのままメモ書きしたりなどで、徐々に染み込ませるようにしておくと良いでしょう!

【1日1食中心生活によるメリット一覧】

・持病が消えていく。
・病気にかかりにくくなる。
・免疫力が向上する。
・集中力がアップする
・頭が冴える。
・身体が軽くなる。
・仕事がはかどる。
・即戦力になりやすい。
・リーダーシップを発揮しやすい。
・疲れにくくなる。
・寿命が延びる。
・加齢臭が消える。
・生き方が前向きになる。
・ショートスリーパー(短眠)になる。
・若さがよみがえる。
・細マッチョになる。
・精力妊娠力アップ。
・感情が豊かになり、心が広くなる。
・安物の食べ物でも高級に感じる。
・お金の余裕が生まれる。
・時間の余裕も生まれる。
・冷えを避けて体温を上げる。
・ボケを防ぐ。
・他人を味方につけることができる。
・日々の生活に感謝を持つようになる。
・搾取から逃れやすくなる。
・変化を素直に受け入れるようになる。
・相手を傷つけるような攻撃性をも下げてくれる。
・不妊症が治る。
・食費が3分の1になる。
・買い物や料理の手間がかなり省ける。
・趣味を楽しめる。
・仕事が苦と感じなくなる。
・情報収集能力が高まる。
・学習性無力感から脱することが可能になる。
・自己背定感が増す。
・孤独でも十分に幸福感を感じ取ることが可能になる。
・身の回りの人と笑顔で接することが可能になる。


このように、「1日1食中心生活によるメリットはこんなにもありますよ!」や、「1日1食中心生活によってこれまでにないほどの恩恵を受けることが出来ますよ!」というように、1日1食中心生活によるポジティブ事項を徐々に自分の方へと寄せていくのです。

ここまでくれば、1日1食中心生活へ移行しようと考えている際の抵抗感が大分薄れていることでしょう!

①②③を何回も何回も改めていく理由は、現状維持バイアスというとても厄介な特性を取り除いていくため。

脳に電気が走るイメージ

①②③と順に説明していきましたが、考えを改めていく際は③から最初に行ってもいいですし、①と②を同時並行したりと、考えを改めることが出来ればどのやり方でもOKです。

なぜ1日1食中心生活へ移行していく前に、上記のような考えを改める作業が必要かというと、人間の持つ現状維持バイアスに向けての対策のためです。

現状維持バイアス、すなわち人間には変化そのものを嫌うために今の現状へ引きずり戻そうとするとても厄介な特性がありまして、「何かを得られる。」よりも「何かを失うかもしれない・・・」という不安と恐れの方が重くのしかかてしまうということが結構多いんですよね・・・

その厄介な特性によって数多くの人たちは、これまでに多くのチャンスを逃してしまったことが、あり得ないくらいに多いかと思います。

変化そのものを嫌うために今の現状へ引きずり戻そうとするとても厄介な特性(現状維持バイアス)は、変化がよく起こるこれからの時代を乗り越えていく際にはかなりの障壁となること間違いなしなので、この機会にぜひ覚えといた方が良いかもしれません!🤔

ここからいよいよ、1日1食中心生活への移行へ断行です!

朝食と昼食をやめるイメージ

ザイアンスの法則によって、3食による常識の崩壊&超少食によるメリットの取り込みが、頭の中奥深くすみずみにまで染み込んだなあと感じたら、いよいよ1日1食中心生活にするための生まれ変わりへ断行です。

ちなみに飯を抜いていく順番は、昼飯→朝食というふうにし、そして夕食のみの1食という形です。

飯を抜いていく際の工夫は、昼食を抜いていく際には2日ずつ全体の8分の1ずつ抜いていき、最終的には完全に昼食を抜くという形など、ここは自分がやりやすい方法で飯を抜いていくと良いでしょう。(実際僕はこのように行いました👍)

移行していく過程で熱や頭痛などといった症状が出ますが、あれはデトックスと呼ばれる解毒症状で、体が生まれ変わろうとしていく最中に現れる特殊な症状です。(僕の場合は熱が結構出ました😅)

「症状が出たから薬を摂取しなくでは・・・」と思うかもしれませんが、1日1食生活中心への移行最中はここは我慢して乗り切ってください。(僕もその過程で熱が2時間くらい続きましたが、このときはなんとか「自分は生まれ変わるんだ!」というふうに根性で乗り切りました😡)

1日1食中心生活移行最中、日頃飲む飲み物は水としていき、水は浄化された水か市販のペットボトル水でかつ軟水のものを日頃飲む水としましょう。(硬水を日頃飲む水にすると最悪お腹壊します!)

「人生変わる」という用語は以下の記事でも使っておりますが、水に関する記事も当ブログで書いておりますので、こちらも合わせて参考になれば幸いです!

関連記事:水の習慣づけで人生変わる!【疲れを感じにくくなります!】

まずは昼食をぬくことから始めよう!

まずは、仕事の後半の眠気を引き起こす要因となっている、昼食を抜くことから始めます。

この時はまだ、現状維持バイアスによって食の楽しみが失われてしまうのではないかという不安と恐れに見舞われるかと思いますが、「自分を変えていっても食の楽しみはなくなることはない!」というふうに、ここは自分自身の抵抗を根性で押し殺していきます。

冒頭でもチラっと述べましたが、昼食を抜く際には1日おきに全体の8分の1、難しい人は全体の12分の1というように自分がやりやすい形で徐々にその量を減らしていきます。

この時のポイントは、少しずつ量を減らしていくことで、「これから少食にしますよー」というように体に少しずつ少食に慣れさせていくということです。

そして、8分の1ないしは12分の1までといった量にまできたら、いよいよ昼食を完全に抜いてしまうという最終手段を実行していきます。

特に、今まで昼食を食べてきた場面と昼食を完全に抜くという場面の境目が一番の障壁となると思いますが、ここでもやはり「自分は生まれ変わるんだ!」というふうに、現状維持よりも圧倒的な根性で乗り切っちゃってください!

そして、完全に昼食を抜くことにも抵抗を覚えないようになったら、1日1食中心生活の実現を現実にすることは容易になってきます。

最後に朝食も抜いて、1日1食中心生活を実現させていこう!

昼食を抜いたら、最後に朝食も昼食で抜いたようなやり方を利用して抜いていきます。

昼食を抜くことが出来たという体験を経験した時点で、現状維持バイアスという厄介な特性を乗り切っているので、初めて昼食を抜くという抵抗感をほぼ感じずに実行することは容易になっているはずです。

昼食を抜いていったのと同様に、1日おきに全体の8分の1、難しい人は全体の12分の1というように自分がやりやすい形で、徐々に朝食の量も少しずつ抜いていきます。

そして、8分の1ないしは12分の1までといった量にまできたら、こちらも同様に根性で朝食も完全に抜くという最終手段を実行していきます。

無事完全に朝食を抜くことにも抵抗を覚えないようになったら、1日1食中心生活が現実のものとなった証拠です! おめでとうございます☺️👍

Q.移行最中に普段飲む飲み物はジュースにして良いのか?

今までジュースをよく飲んでいたから、1日1食中心生活移行最中にでも、水の代わりにジュースを日頃よく飲む飲み物としていいのかという声もあるかと思います。

しかし、日頃飲む飲み物をジュースにしてしまうと、1日1食中心生活移行への妨げになるどころか、逆も戻りしてより体調不良になりやすくなるかもしれません。

1日1食のエキスパートでもある船瀬 俊介さんの著者、やって良かった! 1日1食によりますと、「砂糖は体にとって”毒”であり、砂糖を大量に摂取する人は遅かれ早かれ薬物中毒者と同じ道を辿ることになる。」というふうに述べられております。

また、「砂糖は”死んでいる”食品でもあり、すい臓へ大きな害を与える他、さまざまな病気や疾患を引き起こす。」というふうにも述べられてもいるため、ジュースを日頃飲む飲み物にすること自体辞めた方が良いということも読み取れます。

友人付き合いの際や、たまに嗜好品として飲む分には十分にOKなのですが、日常で日頃飲む飲み物はやっぱり水にした方が僕は無難だと思いますね!(お酒も含みます。)

僕も実際に、友人やtwitter上で知り合った人たちとの飲み会の時には、遠慮なくジュースやお酒も飲んだりしてますよ👍(1日1食中心生活に戻せばまた体が綺麗になります!)

朝晩どうしても取り込みたいときは体に良い飲み物で。

野菜とレッドスムージー

1日1食中心生活にしてからしばらく時が過ぎると、朝晩にどうしても体が何かを取り込みたがることが必ずあるかと思います。

そんな時には、野菜ジュースなどといった、体に良いものを朝晩に飲む飲み物として摂取しておくと良いでしょう。

タモリさんとかは、朝は野菜ジュース一杯だけというふうに取り込んでいるらしいし、船瀬さんとかは、「ミキサー絞ったバナナジュースとかでも良いですね~」というふうにもおっしゃっております。

僕の場合、野菜ジュースを摂取すると目がショボショボしてしまうのがちょっと嫌だなあということで、例えば以下のような粉上のプロテインを水に溶かして飲んでおりますね~🥛

こんな感じで、朝晩に何かを摂取したいときは、自分に合う体の良い飲み物を摂取しておくとよいでしょう!

最後に:3食の頃と比べて費用対効果は高い!

ベネフィットという文字が書かれた付箋

以上で、1日1食中心生活への移行は誰でも可能であるということや、その時の注意点、3食によるデメリットや洗脳一覧、その他移行していく最中の過程例など、8000文字以上にも及ぶ長文で述べていきました。

伝えたいことがありすぎて長々とした記事になってしまいましたが、1日1食中心生活へ移行していく際には強い覚悟と、食の楽しみが半減してしまうという現実を受け入れる必要があります。

しかしその覚悟と現実を1度でも受け入れてしまえば、「食の楽しみは次の日にとっておけばいっか。」などと、食の楽しみの半減以上の効果を受けることが出来ますし、中盤で述べた30個以上の1日1食中心生活によるメリットの恩恵を受けることも可能になります。

その費用対効果を考えた上では、やはり圧倒的に後者の方が絶対にお得であり、3食の頃と比べて自分の人生がより豊かなものとなっていくことはほぼ間違いないことでしょう。

「この記事のおかげで無事に実行することが出来ました!」や、「おかげざまで360度自分を変えることが出来ました!」などといったお褒めの声や感謝の声があったら、当方はうれしいでございます😊

twitterとかでも、他にいろんな有益情報を欠かさずに発信しておりますので、是非フォローしていただければ幸いです👍