コロナ後にメルカリ取引100件突破した感想と一部内容を述べてみる。

アイキャッチ画像となっているフリマアプリ


こんにちは、メルカリにも手をつけているゆきじゃ(@yukizyajbcc)でございます^^

投資にブログにポイ活等、あらゆることにも手をつけている当方ではございますが、こうしてメルカリにも手を出したりというふうに、挑戦できるものは何でも挑戦していいんじゃないかとも思っております。

最初メルカリに手をつける前、初心者向けの解説動画を中心に見まくった後、事前に包装するための袋や箱を購入し、早速不要品を出品していくという形で参入しました。

出品して売れた際に包装し続けていくうちに、包装が甘かったです的なコメントも入れられたこともあったのですが、そこから改善して丁寧な包装を心がけていった結果、100件連続で「良かった」という評価を達成することが出来ました!

少々めんどくさく感じてしまうかもしれませんが、包装時に丁寧さを心がけておけば、大抵の場合は「良かった」という評価を押してくれますので、始めて包装する時も、何も恐れず普通に包装して大丈夫かと思います☺️

逆に購入する立場でも、購入する前に一言声をかけなくともそのまま購入OKのところがほとんどですので、「これは安いし質もいいのでぜひ購入したい」と思ったら、遠慮なく購入してOKかとも思いますね~

さて、日々使っているTwitterにも、このように呟いたりとしました~

では本記事では、コロナ後でも取引件数100件突破した時の僕なりの感想と、もしこれからメルカリを始める人のための簡単なメリットデメリットと、発送時の配送料も簡単に説明する形で述べていきます。

ぶっちゃけならば、コロナ後といった状況でも「メルカリはやった方がいいよ」って感じです!

メルカリという企業のロゴマーク

(出典:ケータイ Watch)より


コロナ後といった状況にもかかわらず、投資なりブログなりいろいろやっている当方なのですが、現在もメルカリをやっていて、「早くからもっとやっておけば良かったなあ…^^;」という感じです😅

当然ですが、不要品をメルカリに出品した後は、もう誰かが購入するまでほったらかしのままでいいため、その間にゲームをやったりブログを書いたりなどし、時間を有効活用出来るのが強みでもあります。

メルカリへの出品は何も難しいことはなく、出品したいものの写真を撮った後に、商品名と簡単な説明文、カテゴリーと品質の状態と値段の設定をするだけでいとも簡単に出品出来てしまいます。

大抵の不要品に関しては、基本的に上記のやり方で出来てしまいますので、梱包等その他悩むことに関しては、google検索や動画とかで探せばすぐに出てくるかとも思いますね~

最初にちょっとした僕の感想を述べてみましたが、もしこれからまだメルカリをやってなくて、今この機会にこれからメルカリを始めようと検討している人はぜひ、以下に紹介する当方の招待コードを入力しつつ登録して頂けると幸いでございますm(__)m

ちなみに、メルカリ公式サイトから登録してしまうと、最初に0円と何もない状態から始めることになりますが、以下の招待コードを入力してから登録すると、500円相当のポイントが手に入った状態で始めることが可能です!😊

👇当方の招待コードはこちら! 👉 NUCASB

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ

当然ながら、不要品がどんどん片付いていく。

これも当然っちゃあ当然ですが、メルカリで不要品が売れていくのと同時に、散らかっている物とかがどんどんと片付いていきます。

不要品のジャンルに関しては、メルカリが禁止しているもの以外ならばどれでもよく、ブームが過ぎたクリアファイル群や衣類品、更には自動車のカーナビ類や電気工事等で使う工具とかも出品することが可能です。

僕の場合でしたら、FFコラボのEdyカードや、1995年代のマリオのおもちゃとかを出品したのですが、ほんの数時間後に売れてしまったので、やっぱり欲しい人は欲しいんだなあということも改めて感じましたね~

それに加え、売れた分のお金もメルペイ残高として入金されていくので、物が片付いて、なおかつお金も手に入って一石二鳥なのは間違いないですね。😊

案外楽しい。

メルカリ以外の不要品販売もそうなのですが、自分の不要品がどんどん売れていくのって、意外と楽しかったりすることもあるんですよね~

自分が今まで大切に使ってきた物や、今までお世話になってきた物とかが、他者に購入されることによって必要な物になってくると、なんか嬉しく感じたりもするかと思います。

「不要品が売れていく → お金が手に入るのと同時に他者から大切に扱われていく」

このポジティブな現象を連続して感じることで、だんだんと意外と「不要品販売って案外楽しいですね^^」と次第に感じていくという流れにもなっていくかとも思いますね~

でも低評価をつけられたりしてしまうと、ちょっとやる気が下がったりもしたりしますが、包装に気をつけていけば大抵高評価を押してくれるので、実際メルカリをやってみると、その楽しさとかも分かるかと思いますよ~👍

メルカリのメリットとデメリットについて

メリットとデメリットという文字が書かれた付箋

これはどのサービスにも言えることなのですが、フリマアプリでかなりのシェアも誇っているメルカリにも当然、メリットとデメリットが存在します。

ですが、メルカリのデメリットはほとんど起こらないのが大概で、大抵のユーザーも良きユーザーであることや、配送上のトラブルもそんな無いことからも、圧倒的にメリットの方が多いです。

僕も実際、初めてから100件までと取引を行ってきましたが、購入からやり取り、また出品から配送に至るまで特に重大な問題とかはほとんど起こらなかったですね~

本記事でもちょっと、メルカリのメリットとデメリットそれぞれについて述べていきますので、もし初めてメルカリをやってみようかなあという人の参考になれれば幸いでございます!☺️

メルカリのメリットには何があるのか?

他のサイトや動画から参考にしたり、自分でも実際にメルカリを使い続けていった中ではありますが、メルカリのメリットについては次のような形になるんじゃないかと思っております。

【一般的に妥当とされるメルカリのメリット一覧例】

・物を大切に扱うようになる。
・実店舗よりも安く手に入る。
・ユーザーが多いので売れやすい。
・大抵の発送が匿名で発送が可能。
・スマホで撮って簡単に出品が可能。
・金銭トラブルが少ないので安心ができる。
・コラボ商品やイベントでしか手に入らない商品が簡単に手に入る。


一応上枠のメリットの中から特に、「物を大切に扱うようになる。」「実店舗よりも安く手に入る。」「ユーザーが多いので売れやすい。」という3項目について述べていきます。

物を大切に扱うようになる。

実際にメルカリをやってみるとですね、「他者に売っていくものだから大切に扱わないと💦」と言わんばかりに物を大切に扱うようになっていきます。

当然じゃあ当然ですが、物が汚れだらけだったり、傷まみれだと当然価値が下がりますし、そういったものは他者でも使いたいとは思わないということは分かるかと思います。

これは、メルカリで売ってお小遣いを手にいれる以外の成長面でも向上出来るので、お子さんの教育面でやらせてみるのも良いかとも思いますね~👶

実店舗よりも安く手に入る。

実店舗よりも安く手に入るのはどのフリマサイトでも言えることなのですが、実店舗よりも安く出品されている商品の数は、メルカリの方が多く出品されていることが多いようです。

僕の場合はよく知識の習得に本を買っているのですが、実店舗よりも安い価格で出品されている物の品数が多いため、判断の迷いもなく買えて非常に助かったりもしております~

こんな感じで、欲しいものがすぐに、そして安く手に入ることが出来ることからも、今の時代は昔よりもだいぶ恵まれているんだなあということも改めて感じたりもしますね!☺️

 ユーザーが多いので売れやすい。

メルカリはまた、ユーザー数の面でも数多く、相場内の価格でしたら大抵の場合、出品して早1ヵ月以内に売れることが多いです。

一応どのくらい早いかといいますと、人気のある物でかつ相場より少し安いくらいだと、出品してわずかほんの数秒ですぐに売れてしまうことだってよくあったりもします(笑)

ここまで早く売れてしまうことがあることからも、メルカリは、多くの人の役にも立っているんだなあということも読み取れるかとも思いますね~🤔

逆にメルカリのデメリットには何があるのか?

次にメルカリのデメリットなのですが、こちらも他のサイトや動画から参考にしたり、自分でも実際にメルカリを使い続けていった中だと次のような形になるんじゃないかとも思っております。

【僕の方でも実際体験したこともあるメルカリのデメリット一覧例】

・一部のユーザーの質が悪い。
・出品手数料が10%と意外と高い。
・運送中に破損してしまうリスクがある。
・まれに買ったものとは違うものが届いてしまうことがある。
・買ったものの中身を開けると一部欠陥orほぼ全欠陥というリスクがある。
・配送を請け負う店員・社員が不正をして配送物を無くしてしまうというリスクがある。
・人気がありすぎるものは実店舗より高い値段で売られることがある。(要するに転売ヤー)


こちらも上枠のデメリットの中から特に、「出品手数料が10%と意外と高い。」「買ったものの中身を開けると一部欠陥orほぼ全欠陥というリスクがある。」「配送を請け負う店員・社員が不正をして配送物を無くしてしまうというリスクがある。」という3項目についても述べていきます。

出品手数料が10%と意外と高い

2020年12月時点、同じフリマサイトであるラクマが出品手数料6.0%なのに対し、メルカリの出品手数料が10%と意外と高いのがデメリットとして一番に挙げられるんじゃないかと思います。

一応、出品手数料が10%引かれる意味合いについて本記事でも述べてみますと、例えば500円の売り上げには50円の手数料、7500円の売り上げには750円の手数料、79800円の売り上げには7980円の手数料が引かれるというふうに、売上金が高くなるたびに出品手数料も高くなっていきます。

さらにそこから配送料も売上金から引かれてしまうため、仮に60サイズの物を800円で売り上げたのならば、出品手数料で80円、それに60サイズ発送料で700円引かれて20円しか手元に残らないため、その点もデメリットとして意識したいところもありますね…😅

買ったものの中身を開けると一部欠陥orほぼ全欠陥というリスクがある

他のフリマサイトにも言えることなのですが、メルカリにも出品物が「新品・未使用」と書かれてあったに、実際に買って中身を開けてみると一部欠陥、最悪の場合は全欠陥があったりすることもあるようです。

過去には僕も、「新品・未使用」と書かれていた本を購入、その後に本を読んでみると、一部のページ数に傾向ペンが引かれてあったこともありましたね💦

蛍光ペンの線が書かれた本

この程度の欠陥ならば多少妥協してもしょうがないとは思いますが、もしあまりにも使えないような欠陥だらけに関しては、返品依頼を出品者側に頼むことも可能です。

ただし、一度受け取ったという評価を押してしまうと、あともう返品が出来なくなってしまいますので、一度受け取った後に、またもう一度中身を確認するという習慣はつけた方がいいかもしれないですね。🤔

配送を請け負う店員・社員が不正をして配送物を無くしてしまうというリスク

これもごく希にあったりすることなのですが、配送経路上でトラブルが起こり、出品物が行方不明になってしまうこともあるようです。

特にコンビニだと、低賃金で雇わられている影響で不正される可能性もあるようで、僕も本を購入してから3週間近く「発送元」で止まっていたことも一度ありました💦

こういった配送上のトラブル等のように、出品者と購入者の間で問題解決が困難な場合、メルカリ事務局から双方に補填されていきますので、この点に関しては何も問題はないかと思いますね。

それにしても、不正して購入物を自分の物にしたりといった不正とかは止めてほしいものですね😅

メルカリの発送は基本的に宅急便発送or郵便局発送の二択である。

包装の準備をしている場面

メルカリでの発送については基本的に、らくらくメルカリ便を中心とした宅急便での発送か、ゆうゆうメルカリ便を中心とした郵便局での発送の二択になります。

なお当然ながら、メルカリでの発送はコンビニでも可能で、一般的にはらくらくメルカリ便を選択し、コンビニから発送するという方法が多いです。

本記事を投稿した2020年12月時点ですと、らくらくメルカリ便の最低発送料が175円、ゆうゆうメルカリ便の最低発送料が200円と、らくらくメルカリ便の方が25円安いです。

上記2つの発送方法については匿名で発送することが可能なので、読み終わった本や不要になったTシャツなどはこの発送で十分でしょう。

ただし、カップラーメンのまとめセットを売るような60サイズ以上のもの、レターパックといった一部の発送方法は匿名でなく、住所が表示された後の発送になるため注意が必要です。

そのため、もしメルカリとTwitterのアカウント名が一緒だと、住所が特定されて大変な目に遭う危険性もありますので、メルカリに使うアカウント名は別の名前で使うことをおすすめします!

発送料一覧もネットで普通に公開されており、また本記事でも外部リンクとして掲載もしておきますので、出品する際に確認・印刷などをしておけば問題はないかと思いますよ!☺️

外部リンク:配送方法 早わかり表 – Mercari

最後に : メルカリは気軽に始めることができ、固定費の削減やお小遣いも稼げるため、まだ始めていない人はぜひ開始することをおすすめします!

小包をラッピングする人

いかがだったでしょうか?

メルカリをやったときの感想記事とかは、他のサイトとかでも公開されているため、本記事では実際メルカリ総取引件数100件突破したときの当方の感想と、まずはこの部分は知っておいた方が良さそうだなあという部分を中心に述べていきました。

メルカリを初めて開始する際も、最初はやっぱり抵抗を感じてしまうかもしれませんが、3、4回と購入したり発送したりしていけば意外と感覚を掴むことが可能です。

一度感覚を身につけてしまえば、あとは楽にメルカリでの取引を行うことも出来ますし、取引の楽しさだって感じることも出来るかとも思いますね。

ちなみにメルカリには「メルペイ」というバーコード決済も搭載されており、売上金をすぐに買い物で使うことが出来るのはもちろんのこと、随時様々なクーポンや還元セールとかも配布・開催されてもいるため、少しでもお得に活用する時にでも役に立つかとも思いますね~

ただし、メルペイには「メルペイスマート払い」という後払いの決算方法もあるのですが、裏を返せばあれは実質リボ払いのため、メルペイスマート払いにはしないようくれぐれも注意していきたいものですね。

こんな感じで、当方の感想や、簡単な概要を中心に述べていきましたが、メルカリを始めることに抵抗感を感じている人の後押しになれれば幸いかと思います!

もし本記事の内容でも、もしこれからメルカリを始めてみようかなあと検討している方は、登録の途中で以下に紹介する当方の招待コードを入力してから登録して頂けると幸いでございます!☺️

また再度述べることになるのですが、最後の方にも掲載しております、当方の招待コードを入力してから始めると、普通にメルカリ公式サイトから登録して開始するよりも500円分お得に貰えるため、より有利にメルカリライフを送ることが可能になります^^

ではここで本当の最後になりますが、わざわざ貴重な時間を割いてまで本記事を読んで頂き、誠にありがとうございました!

👇当方の招待コードはこちらです! 👉 NUCASB

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

メルカリ(メルペイ)-フリマアプリ&スマホ決済

Mercari, Inc.無料posted withアプリーチ