水の習慣づけで人生変わる!【疲れ感じなくなる!?】

空と水が入っているペットボトル


こんにちは、ほぼ1.5ℓ以上飲んでいるゆきじゃ(@yukizyajbcc)と申するものです。

仕事やプライベートでも、普段から水を飲んでいる人は少ないかと思います。

実は水には、驚くべき効果があり、それはもう仕事を遊びと化させてしまうほどです😱

ツイッター+インスタグラムでも、このように投稿しました。

View this post on Instagram

水は強力な効果を秘めている。 仕事の面では、疲れにくさを実現させたり、集中力を持続させたりとして、あっという間に終わらせるよう感じさせる。 プライベートの面でも、美肌効果や風邪予防といった効果ももたらしてくれる。 しかし、水の飲み方にも注意が必要で、1度に大量の水を飲むのではなく、のどが渇いたタイミングで水を飲むといった習慣が大切になってくる。 正しい水の飲み方で、15個以上のメリットもある、水の効果を取り入れていこう! #水 #強力な効果 #疲れにくい身体 #集中力を持続させる #頭の回転が速い #風邪予防 #美肌効果あり #仕事がすぐに終わる #トイレが近くなる #一度に大量に飲めません #軟水

ゆきじゃ@ブロガー・東北地方在住さん(@yukizya01)がシェアした投稿 –

本記事のまとめを先に言うと、このようになります。

・水には疲れにくい体質にしたり、集中力を持続させる効果がある。
・その他、15個以上もメリットがある。
・水には2種類あるが、基本的に軟水で。
・ろ過されていない水道水で、日頃飲む習慣にするのはNG。
デメリットもあるので注意!
 (すぐに水を欲しがったり、トイレが近くなったりする。)
・1度に大量の水を飲まず、のどが渇いたタイミングで飲むこと。
・人によっては、デトックスと呼ばれる解毒症状も起こる。(発熱や発疹など人による。)


本記事でも、水を飲むことの習慣づけによって得られる、驚くべき効果とメリットの数々、その他注意点など、水の可能性についてたんまり伝えていきます。

6000文字以上とかなり多いので、飛び飛びで読む形でOKです😊

疲れにくくなる!?

有酸素運動している様子(足元のみ)

水がすべての生命の源であるせいか、水は体を疲れにくい体質にしてくれる効果があるのです!

そもそも疲れてしまう原因の一つに、体の中の水分が不足しているという要因があるようですね。

日々の活動を行う際にも、当然ながら水分が失われていくため、血流の流れが悪くなって疲れていってしまいます。

水を飲むことによって水分不足が解消され、それと同時に血流の流れもよくなるから、体が元気になっていくでしょうね~

集中力を持続させる効果もある。

水には疲れにくい体質にしてくれるほかに、集中力を持続させる効果もあります。

変なたとえになりますが、それはまるで24時間稼働し続けるコンピューターのように。

定期的に水を飲んでいくという手間がありますが、これによって午後といった集中力が切れやすい時間帯でも、衰えずに集中し続けることができるようになります。

仕事が「遊び」と化する!?

疲れにくい体質+集中力の持続という2重の効果によって、高パフォーマンス、高持続力を可能とします。

高パフォーマンスがゆえに、迫り来る仕事が次々と終わってしまったり、高持続がゆえに、長い仕事が一瞬のうちに終わってしまったりと。

僕の仕事は「立ち」仕事なのですが、ずっと立ちっぱなしでも疲れず、5日連続の8時間の仕事があっという間に終わったらとしてしまうんですよね。

そのおかげで仕事が「きつい」とも感じなくもなり、逆に「楽しい」と感じるようになったことから、僕にとっては「遊び」と化してしまってますw

そのほか、特にうれしい効果

頬に手を当てる女性

水の効果は、疲れにくくさせる効果と、集中力を持続させる効果だけではありません!

その他にも、美肌効果や風邪予防、頭の回転が速くなったりといった効果もあるのです!

それらの効果も、誰もが求めている効果ではないかと思います😄

ここから1個ずつ説明していきます。

美肌効果がある!

水には肌をツヤツヤにさせるといった効果があります。

特に女性にたいしては、うれしい効果ですね👩

水の習慣づけで自然と肌がツヤツヤになることから、そのために必要なサプリメントなどといった薬品なども不要になり、節約にもなります。

風邪にもひきにくくなります!

水はまた、せきや鼻水などといった風邪をひきにくくさせる効果もあります。

水を定期的に飲むことによって細胞とかがよくなるため、全体的に免疫力がアップします。

僕も水を習慣づけるようになってからは、鼻水やせき、さらには熱といった症状を発症することがほとんどなくなりました😊

風邪が引きにくくなることで、医者いらずにもなります。

頭の回転も速くなります!

水はさらに、頭の回転を速くさせるというリーダー的存在の人にはうれしい効果もあります。

血液がサラサラになって、血流が早く流れるようになるのが1番の良因でしょう。

実際僕も感じてみて、「これはよし!」「これはダメ!」といった正誤や指示といった判断がすぐにできちゃうんですよね~

水のチカラ、恐るべしです!

実は、水の効果はこんなにもある!

水滴が落ちるところ

一個一個説明するのもアレなので、ここで水によってどのような効果があるのかを掲載していきます。

情報収集源にいつも使っているツイッターにも、2回に分けてつぶやいております。

【水の効果はこんなにもある!!】

・集中力がアップする。
・頭の回転が速くなる。
・疲れにくい体質になる。
・基礎代謝が上がる。
・体温が上がる。
・食欲の抑制。
・美白にいい。
・ニキビや吹き出物などができにくくなる。
・乾燥肌・シミ・小じわ・たるみを改善する。
・むくみの解消。
・リンパの流れがよくなる。
・老廃物をデトックスできる。
・血液がサラサラになる。
・風邪予防。
・心臓病の予防。
・便秘改善。
・頭痛の改善。
・疲労回復・体力向上。
・脳の活性化。
・運動能力向上。
・二日酔いの解消。
・幸福感を促進させる。


一覧を見てもわかりますが、得られる効果があまりにも多すぎることが分かりますね(笑)

水のチカラ、本当の意味で恐るべしです!

水は基本的に軟水で。

軟水のペットボトル

前半で水によって得られる効果ばかり伝えまくってしまったので、ここからは水を習慣づける際の注意点を中心に書いていきます。

見出しの題名にも書いてある通り、水を日頃飲む際の種類は軟水一択です!

ちなみに水の種類は2種類に分けられ、それぞれ硬水軟水に分けられます。

違う2種類をそれぞれ説明いたしますとこのようになります。

硬水・・・カルシウムやマグネシウムの金属イオン含有量が「多い水」のこと。

軟水(推奨!)・・・カルシウムやマグネシウムの金属イオン含有量が「少ない水」のこと。


硬水は消化器官に負担をかける。

定期的に飲む水を硬水にしてしまうと、特に腎臓に負担をかけてしまいます。

吸収しにくい成分の「カルシウム」が多く含まれているため、腎臓がそれをろ過しきれずに尿結石になりやすくなってしまいます。

また、多く含まれる「マグネシウム」によってお腹がゆるくなってしまい、下痢を起こしやすくなります。

飲むとしたら、2ℓといった大量の硬水は飲まず、せめて嗜好品というふうに500mlあたりを目安に飲んだ方がですね。

ちなみに、硬水の他のデメリットをあげますと、こんな感じです。

【硬水のデメリット】

・結石のリスクが高まってしまう。
・お腹がゆるくなってしまう。
・赤ちゃんや、腎臓が悪い人には向かない。
・独特の苦みがあり、口当たりが硬く飲みづらい。


浄化されていない水道水はNG。

水道水を飲みまくるのはNGというイメージ

日本の浄化されていないそのままの水道水は、発がん性物質を多く含んでおります。

見た目はきれいな色をしていますが、実は微量に、工業や産業とかに使われていた成分がほんの微量に含まれているんですよね。

ろ過されていない水道水の恐ろしさを知らないまま、30年、40年と飲み続けまくっていたら、何かしらのガンを発症してしまうことでしょう。

地下に配設されている水道管の、長い経過を想像してみたら、嫌な気分になるかと思います・・・

だから、浄化された水か、市販の安全な水のどちらかを、日頃飲む水にしましょうね!

ろ過された水を飲む。

もう一度言いますが、日本の浄化されていない水道水はほぼ危険です!

ただ水道水でも、蛇口にろ過するものを取り付けていれば、問題ないかと思います。

他にも、スーパーとかにセルフで、ろ過された水を組む場所があります。

その水を、日頃飲む用の水にするのも十分ありですね。

市販の水を飲む。

スーパーやコンビニでよく売っている、「天然水」と書かれた水を、日頃飲む用の水にしている人もいますね。

僕も今現在、こっちをメインで水をよく飲んでいますが、特に体に異常はないですね~

ただ、2リットルの水を一気に4本買ったりと、無くなるごとにいちいち買わなければならないのがめんどくさいですが😅

水を飲むのに一番効率のいいタイミング

水が入っているペットボトルを持っているところ

一般的に、水を飲んだほうがいいタイミングとして、以下のタイミングがいいとされています。

・起床後
・食前・食後
・運動前・運動後
・入浴前・入浴後
・就寝前


主に、水分が失われやすい時間帯です。

上記の時間帯以外にも、「喉が渇いたな~」と感じたら、それは体が水分不足に陥っている状態なのでしっかり水分補給を行ったほうがいいですね。

また、多くの人は1日に飲むべき水の量を飲んでいない人が多く、知らないうちに脱水症状に陥っているため、意識して日頃から水を飲む行為はとても重要になります。

ただし、デメリットもあるので注意!

水をガブ飲みする男性

かなりのメリットがありすぎる水でも、当然ながらデメリットもあります。

とはいっても、色々と調べてわかっている範囲では2つしかないんですけどね😅

【水にもデメリットはある。】

・体がすぐに水を欲がってしまう。
・トイレが近くなってしまう。


体がすぐに水を欲がってしまう。

しばらく時が経ってくると、いつもと比べて飲む回数が多くなってしまいます。

のどが渇いて水を飲んだ後、40分後などにまた水を飲みたいと体が言ってきます。

要は、水を飲んでしばらく時間が経つと、また体が水を欲しがるんですね💦

特に、乾燥した場所や熱いところにしばらくいると、のどの渇きはさらに加速していきます。

そのため、のどが渇いたの同時にすぐに水を飲めるよう、作業する場所のすぐ近くに水を置く必要があります。

トイレが近くなってしまう。

当然ながら、飲む水の量が多くなると同時に、出る量も多くなってしまいます。

入ってきた水は、体の中ですべて消化されるのかとそうでもなく、一部は不要なものとして判断し、体の中へ出そうとします。

腎臓は、水を体の中から排出するために、活発に働きます。

特に長い会議などでは、最小の水だけを持って行ったりして対策していくことが必要になってきます💦

絶対に、1度に一気の水を飲まないこと!

水分補給しましょう的な広告イメージ

水を習慣づける際、一番注意しなければならないことがあります。

それは、1度に一気に飲みすぎないことです!

水を一気に飲みすぎると、水中毒になってしまい、最悪死に至るというケースになってしまいます。

例えば海外ではこんな事件とか。(だいぶ古い事件なのですが・・・)

Wii景品の水飲み大会で死亡女性、米裁判所が15億円の賠償金支払い判決

そのため、のどが渇いたという体のサインと同時に、水を飲んでいくというスタイルが一番大切ですね。

まとめ

・水には疲れにくい体質にしたり、集中力を持続させる効果がある。
・その他、15個以上もメリットがある。
・水には2種類あるが、基本的に軟水で。
・ろ過されていない水道水で、日頃飲む習慣にするのはNG。
デメリットもあるので注意!
 (すぐに水を欲しがったり、トイレが近くなったりする。)
・1度に大量の水を飲まず、のどが渇いたタイミングで飲むこと。
・人によっては、デトックスと呼ばれる解毒症状も起こる。(発熱や発疹など人による。)


水の効果を取り入れたことによって、8時間なとといった仕事の時間でもすぐに終わるように感じるようになりました。

今現在でも、本当の意味で水を取り入れてよかったと感じております。

水の習慣付けを取り入れる前は、「早く帰りたい!」といった言葉が、仕事中常に頭の中をよぎっていた、当時の出来事が懐かしいです😄

デメリットもありますが、その反面メリットの方がかなり多いのため、「自分はもっと変わりたい!」と思っている方は、特に取り入れるべきだと僕は思いますね。

6000文字以上と、水を飲むことの習慣づけによって得られる、驚くべき効果とメリットの数々、その他注意点など、水の可能性をたんまりと伝えましたが、本記事の内容がパフォーマンス改善に貢献出来たら幸いでございます😊