新卒一括採用という「ガチャ」イベントの闇

日本という国だけ採用に独特なのが
毎年4月に行なわれる「新卒一括採用」とよばれるもの。

記事などになっているほど
話題になっているかと思います。

上のTwitterからとヤフーの記事も読んでみましたが、
新入社員が「新卒一括採用」というイベントでその先の人生が
決まってしまうのはかわいそうで仕方がないです。

ゲームなどでたとえるなら、
ノーマル、レア、スーパーレアという感じです。

それぞれ僕なりにまとめてみると、

スーパーレア・・・部署にも上司にも恵まれていて、
         かつ残業が少なく給料も高いというもの

レア・・・・・・・部署や上司には恵まれないものの、
         給料が高かったり残業が少なかったり、

         あるいは部署や上司には恵まれているものの、
         残業が多かったり、給料が安かったりなど。

ノーマル・・・・・部署にも上司にも恵まれず、
         またサービス残業や給料が安いのが当たり前というもの。
   

当たりを引いた新卒はその後も良い人生を送ることができる反面、
外れを引いてしまった新卒は上司によるパワハラや
会社からのサービス残業などで人生を狂わされてしまうのも事実であります。

昔上司が新入社員の頃は遊びがほとんどなく
仕事漬けの日々で歳をこしてきた経験があるから、
それをどうしても今の新入社員にぶつけたいという思いが
強いのかもしれませんね。

会社に入ってきた新入社員に向けて、
「昔俺たちは日々つらい思いをしてうまっくいったのだから、
 お前たちもそのようにしてやれ!」
みたいにね。

そのように無理やりの価値観を若者に押し付けた結果。
早期の退職を余儀なくされたり、
最枠の場合、過労死や自らの命を絶たざる終えなかったりと
笑う話も何もありません。
むしろ憤りを感じます。

そうして新入社員がなくなったというニュースを
毎回放送されてしまうという流れにもなっています。

僕自身も高校卒業後に不幸にも「ガチャ」ではずれを引いてしまい、
その結果年配方から昔の価値観を押し付けられて狂わされ、
最後に年配から殴られて退職せざる終えなくなったという体験もしているため、
人生を狂わされた新入社員の気持ちを痛いほどわかります。

茂木健一郎さんや堀江貴文さんら著名人も
新卒一括採用に関しては反対という考えです。

その一方メリットがあり、再就職できる難易度が低いのも
この日本独特の「新卒一括採用」というイベントがあるからこそ
というのも事実らしいです。

確かにアメリカなどの国では「通年採用」のみしか採用していないおかげで、
就職するときの難易度が高く、若者の失業率が高いというのも
記事をみて「あっそうなんだ。」と思いました。

僕の考えとしては、新卒一括採用というのはあってもいいけど、
新卒で入ってくる社員に対して古い価値観を押し付けてくる
上司や年配方を企業が全力で挙げて阻止してほしいと考えています。

まあ、今の日本の実権を握っているのもほとんど昔の価値観を持つ老人たちであるのが現状で、
その人たちがいる間は当分問題は解決されないと思いますけどね。

これから先は他人が問題を解決するのを待っているのではなく、
自分で自らの道を切り開いていかないと
未来を切り開くことができないと思います。

僕も今現在フリーターだから人の事は言えませんけどね(笑)
そのために僕は夢に向かって今現在いろいろと計画を立てています。

将来は都会の方へ行って様々な人と出会い、
そして様々な経験をするために。