【感想・一部内容】お金の勉強に山崎 元さん中心著書も現役世代におすすめです!

山崎元本アイキャッチ画像


こんにちは、固定費削減に取り組み、お金のことについても勉強しまくっているゆきじゃ(@yukizyajbcc)と申します!

お金についての教本は世の中にたくさん出回っていますが、そのなかでも爆発的に売れている本で、かつ対話的な文脈で1ページあたりの文脈が少ない本とかを求めている方もいるかと思います。

そのお金の教本の中の一つでもある、山崎 元さんと大橋弘祐さんの共同著者難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!という本は、50万部以上売れており、お金について誰でも理解出来るような対談形式の内容となっている本があります。

その本も、多くの資産運用家が勧めている本の一つでもあり、実際僕も読んでみても、誰でもお金の本質を理解していく上で、非常に分かりやすい内容だなあとも感じましたね!☺️

私たちから、お金を使わせようとしてくる正体についても知ることが出来るので、お金の勉強をしていく上で、この本もぜひ読んでみることも僕もお勧め致しますね👍

お金について知る上でも使っているTwitterでも、このように呟いたりとしました。

本記事ではこの本の僕なりの感想の他、私たちからお金を使わせようとしてくるものの正体や、お金を増やす際のお得な制度を活用することについてを中心に述べていきます。

お金についてますましか知る必要がある、これからの現役世代には特におすすめ出来る本かと思います!

山崎元本安全でない普通預金

この本を読了&メモ化もした結果、お金についてますます知ることが大切になってくる、これからの現役世代の人たちには特におすすめ出来る本じゃないかなあというのが僕の感想でした。

お金の価値が下がるか上がるかの説明はもちろんのこと、お金が貯まるのに貯まらないものの正体、また資産運用に関することについても明記されております。

資産運用に関することでも、この本は楽天証券orSBI証券といったネット証券での口座開設、そこで運用手数料の安い投資信託を買うことを勧めるというふうにも述べられてもおりますね。

一応理由として、地方銀行などが売る投資信託はほぼボッタクリであることが多く、金融業界が儲かる仕組みになっているということがほとんどいうふうにも述べられておりますね💦

本のタイトル通りに、お金の増やし方について色々と知ることが出来るので、気になる方はぜひ1度読んでみてはいかがでしょうか?

この世の中は「無知」から搾取するものが多い

山崎元本ぼったくりの銀行

実際身の回りには、様々な誘惑が溢れているように、様々な業界は私たちにあの手この手と言わんばかりにお金を使わせようとしてきます。

特に、「無知」の人から搾取しようとするものが一番恐ろしく、場合によっては知らず知らずの間に損をし続けるということにもなりかねません。

初めて聞いた人のために、本記事でも「搾取」という言葉の意味合いを引用してみると、以下のような意味合いになるそうです。

他人に帰属すべき権利や利得を不正に侵害したり取得することや、優越的立場を乱用し他人を使役して不当な利益を得ることを表すためにも日常的に用いられる。

一般的には、人を自分本位に、または非倫理的に利用することを言う。

ウィキペディア(Wikipedia))より

代表的なものとしては、住宅ローンやリボ払い、それにパチンコ(浪費を前提とした場合)や宝クジ、あとは先でも述べた地方銀行などによるボッタクリの投資信託とかが挙げられますね。

この本ではその中で、「銀行」「競馬」「宝クジ」「マイホーム」の4つについて触れられてあったので、僕なりの解釈ではありますが、本記事でもちょっと述べてみます。

銀行の窓口には何がなんでも近付かない方がよい。

山崎元本銀行のビジネスモデル

銀行に実際行ってみると分かるかと思いますが、銀行の営業マンが受付で親切に厚く迎えてくれたり、イスがちょっと豪華だったり、内装も広かったりしている銀行が多くあるかと思います。

あれも一説には、心配事をしている人の心を受け止めたり、安心感を持たせようといった、心理的な役割を担うためにあえて仕掛けているというふうにも言われたりもしております。

上の画像でも出ておりますが、銀行のビジネスモデルは2つあって、それぞれについては以下の通りになっているそうですね。

【銀行の2大ビジネスモデル】

1.家を買う若者にローンを組ませて金利を儲ける。

2.会社を退職した人に投資信託などを売って手数料で儲ける。


このように銀行は、金持ちには投資させて手数料をもらい、貧乏人には借金をさせて金利をもらうという構図になっているということも、この本ではしかと述べられてもおりますね💦

彼らは客が儲かるかどうかはほぼ一切考えず、自分たちが儲かるかどうかしか考えていないことが多いため、いっそうのこともう銀行に立ち寄らない方が無難です!

「競馬」は使えば使うほどお金が減っていく仕組みになっている。

山崎元本競馬の中身

競馬をし続けている人の中には、どの馬が優秀なのかを研究し続け、賭けた分のお金が増え続けるのを信じ続けて馬券を買いまくる人もいるかと思います。

実際この本によりますと、競馬は胸元である運営者側が、集めたお金からだいたい25%くらい引いて、残りの75%を馬券を買ったお客さん同士で取り合うというビジネスモデルになっているそうです。

そのため、仮にずっと1万円分の馬券を買い続けてしまうと、平均的な払い戻し金はだいたい7500円あたりに減ってしまう結果になるようですね…

競馬は若干だけのたしなみ程度なら問題ないのですが、お金を使い続けてしまうという誘惑の罠も潜んでいるため、そこだけは注意が必要です💦

「宝クジ」は競馬よりももっと減る & 経済的にもデメリットしかない。

山崎元本宝くじの中身

「宝クジ」は特に、テレビでも流れるような、自分の億万長者の姿の夢を目指して、給料が入ってはひたすら買っている人も中にはいることでしょう。

しかし、宝クジは競馬よりも大金が当たる確率が非常に低く、仮に1万円分ずっと買い続けたら、平均で4500円くらいにまで目減りしてしまうことも、この本で述べられておりますね。

その上、還元率も驚異的に低いことから世界トップレベルのボッタクリギャンブルとも呼ばれ、宝クジで損する分は「無知の税金」とも言われたりもするほどです…

そのことからも、宝クジは経済的な観点でもデメリットしかないし、たしなみの観点でもほぼ無しに等しいので、絶対に買わない方が無難ですね!😡

今の時代はローンを組んでまでマイホームを買わないほうが無難である!

山崎元本相談事のマイホーム

今現在もどこかでローンを組み、マイホームを資産だと思っている人も少なからずいるのが現状ですが、結論から言うならば、今の現役世代は賃貸で暮らし続けて行った方が無難です!

人口が減少していくと、同時に住宅の価値がどんどん下がっていく傾向があるようで、ローンを払い終わった頃には、住宅の価値がほぼ0に等しいというふうにもどこか港では言われたりします。

それに、マイホームを組んだ時の返すべきローンの額もシャレにならず、加えて維持費や固定資産税といった負債も重くのしかかってしまいます。

また、いざ転勤となってしまった時にすぐにマイホームを手放すことが出来ないことや、生命保険に強制的に入らされて銀行の奴隷になってしまったりといった、数々のデメリットも存在しますね…

それでもどうしてもマイホームが欲しい場合は、新築マンションは必ず避け、なるべく早くローンを返済していくことを強く推奨します!(※長ければ長いほど複利の作用でローンの額が増えてしまうため。)

日本のお得な制度を活用し、お金を増やしていこう。

山崎元本日本の得する制度

この本でも、投資を後押ししている日本の制度「NISA」「つみたてNISA」「確定拠出年金(iDeCo)」を活用していくことをおすすめしております。

本来、投資で得た利益には20%の税金が課せられてしまうのですが、上記3つの制度を活用することにより、課せられるべき20%の税金を非課税にすることが可能となります。

ちなみに「NISA」「つみたてNISA」「確定拠出年金(iDeCo)」のそれぞれの内容については以下のとおりですが、僕的にはまず「つみたてNISA」を活用して、投資に慣れていくことをおすすめしますね~🧐

【「NISA」「つみたてNISA」「確定拠出年金(iDeCo)」のそれぞれの内容一覧】

〇NISA
購入金額の節税:課税
運用益、配当の節税:非課税
年間最大投資金額:120万円
最低投資金額:100円~
運用可能期間:最長5年
投資対象:日本株、外国株、投資信託
購入方法:自分で購入
資金の引き出し:自由に可能
解約時の税金:なし

〇つみたてNISA
購入金額の節税:課税
運用益、配当の節税:非課税
年間最大投資金額:40万円
最低投資金額:100円~
運用可能期間:最長20年
投資対象:厳選された投資信託
購入方法:自動積立
資金の引き出し:自由に可能
解約時の税金:なし

〇確定拠出年金(iDeCo)
購入金額の節税:非課税
運用益、配当の節税:非課税
年間最大投資金額:14万円~81万円
最低投資金額:5000円~
運用可能期間:60歳まで
投資対象:特定の投資信託、預金、保険
購入方法:自動積立
資金の引き出し:60歳まで引き出し不可
解約時の税金:課税


ちなみに投資信託には、約6000種類以上と数え切れないほどあるのが現状ですが、そのうちほぼ全てとなる約99%の投資信託は不要で、この本の著者でもある山崎 元さんはそのうち以下2つの投資信託をおすすめしているそうですね。

【山崎 元さんおすすめの投資信託】

・上場インデックスファンドTOPIX(国内株式の投資信託)
→東証一部に上場している全ての会社の株を少しずつ持っていることになる。

・ニッセイ外国株式インデックスファンド(海外株式の投資信託)
→アップルやエクソンモービルなどの、先進国の主要な会社の株を少しずつ持っていることになる。


でも投資に関しては、だんだん慣れていくには時間がかかるのが現状ですので、他の人の資産運用状況を常時把握していく他、当ブログでもいくつか資産運用本の読書レビュー記事も書いておりますので、ぜひそちらからも参考になれれば幸いかとも思っております!😊

最後に:これからの時代は、お金と真剣に向き合うことが必要となってくる時代です!

山崎元本後ろのページ

以上でこの本の僕なりの感想の他、私たちからお金を使わせようとしてくるものの正体や、お金を増やす際のお得な制度を活用することについてを中心に述べていきました。

お金についての話を持ち出すと、すぐに話を打ち切ろうとする人も多く、お金の話すらいっさいしないでくれと言わんばかりに、お金のことが大嫌いな人も中にはいるのが現状です。

しかしこれからの時代は、お金について真剣に向き合うことが増々重要になってくる時代であり、特に何が起こるか分からない未来に備えて、お金を蓄えていくことは特に重要です。

「お金は必要な人にこそ出ていき、不要な人にこそ集まる」という言葉もあるほどで、無駄な支出が多い人は心身的な余裕が見られず、支出がかなり少ない人は安心感があるというように、精神面でも双方の違いはリアルにも出てきます。

その上、お金がない人には業界が儲けさせようとする罠に引っ掛かかることが多く、逆にお金に余裕のある人は業界の罠に引っ掛からなかったりと、貧乏はより貧乏に、金持ちがより金持ちになるという原因もそこにあったりもするものです。

今の時代は昔よりも、物やサービスに大変恵まれており、お金が絡むことについて改善していこうと少しずつ行動し時間をかけていけば、次第にお金に困るような事態を避けることが必ず可能になります。

ちょっと偉そうに言ったりもしてしまいましたが、この本の内容からでも、参考になる内容が必ずあるかと思いますので、本記事をきっかけに、ぜひお金と向き合うきっかけになれば幸いでございます!😊