嫌々我慢して仕事し続けるといずれ後悔する。

サラリーマンが我慢している顔

今の世の中、我慢してまで嫌々仕事し続けている人は
かなり多くいるのが現状です。

今この記事を読んでいるこの瞬間でも、
嫌々仕事をし続けた結果に、
「すみません体調不良なので休みます。」
などといった声がどこかで発していたりするでしょう。

家庭の事情によっては家庭を支えるために多額のお金が必要になり、
高い給料を得る代わりに嫌々我慢して仕事をして、
仕事のために何もかも犠牲にしている人もいるのも現状です。

それに加えて長時間労働や上司からのパワハラによって
ストレスが幾度にも積み重なっていき、
それが原因で体調を崩して長期間休んだり、
最悪の場合は退職せざる得ない状況になって家庭を支えるどころか、
逆に窮地に追い込まれてしまっているのもまた事実です。

またストレスによるうつ病などで他人を傷つけてしまったりなどで、
刑事事件にまで発展したり、
プライベートを犠牲に仕事をし続けたあげく、
最愛の妻から離婚要請をされたりして
自分の人生が狂ってしまったりとしているのも、
今の日本の問題として表れているのも現実です。

うちの家族も、嫌な仕事をずっと続けている状態で
30年以上働き続けた結果、
「若い時代もっとこうしたかったなあ。」
と言っていました。

僕は将来的にこうありたいという自分の理想の姿を思い描いているため、
前の会社を退職しています。

各種メディアを育成するためにどうしても自分の中で
もっと時間が欲しいと思ったためです。

もし今現在でも身体的にも精神的にも限度が来ている時は、
速攻でやめるべきだと思います。

「限界を超えてしまって次の日にはもう亡くなってしまった。」
という流れになってしまったら元の子もないので。

会社を辞める際は、
「将来今後こういう姿を思い描いていてこの分野で今後生きていく」という理想や、
「尊敬している経営者がいるから、そのもとで今後働いていきたい。」
そのような思いや夢があれば一番いいと思いますけどね。

そのほうが自分の人生を豊かにできますので。

ただ、夢を追求するためにはやはりある程度のお金は必要になってくるため、
貯蓄が少ない場合はやっぱりアルバイトなどしながら行っほうがいいです。

人間には必ず限度というのがある。

ロボットと違い人間には必ず限度はあります。
いくら好きな仕事で毎日長時間労働をしても、
電車に落っこちそうだったというのを
ある有名な著者のtwitterで知りました。

自分がいくら好きな仕事で長時間やっても、
自分が知らないうちにストレスがたまり、
そして知らないうちにいつの間にか身体が悲鳴を上げていた
ということかもしれませんね。

人間にはロボットと違って限度があるのを知り、
徹夜などは控えてしっかり休憩を取るのが
良いということを僕自身もあらためて思いました。

まあ当たり前なんですけどね(笑)

いずれ後悔する。

短い見出しですが、僕自身も周りが見えるようになったのは最近のことで、
今現在でももっと早くからブログを始めればよかったなあと感じています。

何も見えていない状態でそのまま歳をとり、
その後にいろいろ知って周りが見えた瞬間に
「もっとこうすればよかった。」
「もっとあーすればよかった。」
といった後悔が必ず出てきます。

僕が年配の人たちに話しかけたときは、
「若いときはもっとこうすればよかった。」
と言った声を多く聞きました。

そのためにも若いうちから色々知ったり触れ合ったりして
経験や知識を身に着け、悔いのない人生を歩むように
していきたいものです。

人生というものは一度しかないですからね。

以上でここまでになりますが、
また何か思いついたときにこの調子でまた記事を
書いていきたいともいます。

購読いただきありがとうございます。