【読書感想】高配当でお金持ちを目指す際この本はほぼ必読書です!

バフェット太郎米国株アイキャッチ画像


こんにちは、米国個別株への投資も検討しているゆきじゃ(@yukizyajbcc)でございます~

個別株への投資というと、「今はこの株を買えば儲かったのと当然だ!」というふうに賭けに乗じ、資金を集中的に投資している人も、意外と多いかと思います。

しかし、個別株への一点集中で確実に儲ける確率はかなり低くく、最悪の場合には一気にお金を溶かしてすぐに破産してしまう危険性をはらんでおります💦

短期で大儲けしようとすると、やはりそれなりのリスクを伴いながら常時投資していかなければならないため、将来性が見込める株を長期で保有し、配当も再投資しつつ次第にお金持ちになっていくスタンスが最も有効的でしょう。

本記事でも、日本一アンチの多い米国株ブロガーとして有名なバフェット太郎さんの「バカでも稼げる 「米国株」高配当投資」という本の感想以外にも、ここは重要事項かもしれないなあといったところも一部紹介していきますので、米国株高配当投資の参考とかになれれば幸いでございますね😉

投資の動向に使っているTwitterとかでも、このように呟いたりとしました!

ではここからはこの本の僕なりの感想の他、米国株投資がこれからスタンダードになることや、実際の銘柄選定の順番、初心者によくありがちな投資法などについて述べていきます。

米国株高配当投資の際には必読書だと僕は思います!

バフェット太郎本意外と簡単である米国株投資

この本を読了&メモ書きもした結果、米国株高配当投資でうまくやっていきたい人にとってはほぼ必読書となりうるような、そんな本だなあというのが僕の感想でした!

日本一アンチの多い米国株ブロガーと呼ばれるだけあって、本の中身はアンチたちを煽るような文章も、結構あったりもしますw

しかし、米国株高配当投資の解説としてはきちんとまとまっており、場合によっては”バカでも”という文字通り、誰でも実践可能な内容になっているのも特徴かと思いますね。

景気循環ごとに適した銘柄の選定や、選定時に気をつけるべきことなど、米国個別株投資時に注意すべきこととかも詳しくまとめられております。

米国株個別株で高配当投資をやっていきたい人にとっては、ほぼ必読書となること間違いなしなので、米国株高配当投資の際にはぜひ読んではいかがでしょうか?☺️

米国株がこれからの投資のスタンダードになる。

バフェット太郎本米国株はスタンダードになる。

本記事を投稿した現在も、日本株投資をしている方が結構多いかと思いますが、日本株よりも米国株の方がはるかにパフォーマンスが良いことが多いようです。

そして最近では、ネット証券経由で簡単に米国株が買えるようにもなり、日本株から米国株へだんだんシフトしていく流れの加速、次第には米国株への投資は当たり前になっていくというふうにバフェット太郎さんは本で述べられております。

米国株のパフォーマンスの良さは、実際に企業のグラフにもはっきりと表れており、日本で連続増配当の企業は花王ただ1社だけなのに対し、アメリカは連続増配当の企業がたくさんあるようですね~

バフェット太郎本米国企業と花王の比較

インターネットという革新的なイノベーションのおかげで、容易に米国株についての良さや魅力についても知ることが出来ることからも、米国株投資のスタンダード化に増々拍車をかけていることも感じとれるかと思いますね☺️

ちなみに米国株が買える代表的な証券会社は、楽天証券、SBI証券、マネックス証券で、マネックス証券の取扱銘柄数は6000以上とかなり多いものの、円をドルに変える必要があったりするといった違いもあるので、証券会社によっては色々と注意が必要です!🤔

【各証券会社のそれぞれの特徴】

【各証券会社の特徴(17年10月末現在)】

○楽天証券
取扱銘柄数:1333
手数料:約定代金の0.45%、最低5ドル-最大20ドル

注文方法:指値、成行
取引単位:1株(1口)
決済通貨:日本円、米ドル

一般口座:○
特定口座:○
NISA口座:○

取引時間(日本時間):通常→23:30-6:00 夏時間→22:30-5:00

○SBI証券
取扱銘柄数:1395
手数料:約定代金の0.45%、最低5ドル-最大20ドル

注文方法:指値、成行
取引単位:1株(1口)
決済通貨:日本円、米ドル

一般口座:○
特定口座:○
NISA口座:○

取引時間(日本時間):通常→23:30-6:00 夏時間→22:30-5:00

○マネックス証券
取扱銘柄数:3351
手数料:約定代金の0.45%、最低5ドル-最大20ドル

注文方法:指値、成行、逆指値
取引単位:1株(1口)
決済通貨:米ドルのみ

一般口座:○
特定口座:○
NISA口座:○

取引時間(日本時間):通常→23:30-6:00 夏時間→22:30-5:00


債権よりも株式の方がパフォーマンスが良いという証拠もある模様。

含み損が増えることによる心の不安を和らげるために、債権といった資産に投資する方も多いですが、過去200年間の資料の中で「債権よりも株式」というのが証明されたりもしているようです。

以下の画像の観点からでも、株式がインフレにもデフレにも対応出来ていることが読み取れ、しかも他の資産よりも圧倒的にリターンを出していることも読み取れるかと思います。

バフェット太郎本高パフォーマンスを出す株式

また債権はインフレに弱いという欠点があり、株式は戦前と戦後の実質トータルリターンはほぼ同じだったのに対し、債権は戦後から実質トータルリターンが大きく下回ったという結果すらも存在するようです。

長期的にインフレが進んでいくという未来が、容易に創造出来ることを考えてみれば、債権などの安全な資産に投資するよりも、インフレに強い株式を優先的に投資していった方がはるかに良いでしょうね。🤔

バフェット太郎10種投資法は、実はS&P500ETFよりもすごいかもという件

多くの著名投資家たちが、S&P500ETFを中心とした投資を推奨しており、S&P500へ投資している人も実際多いのですが、実は弱点もあるということをバフェット太郎さんは本で述べられております。

アメリカの代表的な指数でもあるS&P500は、時価総額の高い大型株の割合が大きくなるようにデザインされているようで、特に超大型ハイテク株{通称FAAMG株(フェイスブック(FB)、アマゾン・ドットコム(AMZN)、アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、グーグル(GOOGL)の頭文字からとった造語)}の影響を受けやすいようです。

また、時価総額が高い銘柄ほどバリエーションが割高になる傾向があるようで、S&P500ETFに積立投資するということは、割高株を比較的多めに買い続けることに他ならないという意味にもなるそうです😅

逆に、弱気相場を中心に連続増配当株に均等分散投資するバフェット太郎式の投資法は、強気相場が訪れた際に値上がり益だけでなく、配当金まで生んでくるなどのダブルのリターンを、投資家に与えてくれるメリットがあるようです。

ただ、幅広い分散投資が出来ないことや、市場平均に負ける可能性があるなどの弱みもあるそうなので、ここは自分なりに調べていき、自分なりの投資法を確立していった方が一番よいでしょう。

一応、S&P500種とバフェット太郎式配当再投資法の各強みと弱みについても掲載しておきます。

「S&P500種指数」の強みと弱み

〇強み
・少額からでも幅広い分散投資ができる。

・市場平均と同等のパフォーマンスが期待できる。(プロにだって負けない。)

・誰にでもサクッと簡単にできる。

〇弱み
・割高になっている株を多く買う羽目にかる。

・永遠に市場平均には勝つことは出来ない。

・右肩下がりの弱気相場が続けば損をし続けることもあり得る。


「バフェット太郎10種」の強みと弱み

〇強み
・安定した配当が期待できる。

・弱気相場に強い。

・割安な株をより多く買い増すことができる。

・長期的に見れば市場平均に勝つことができる。

〇弱み
・ETFのような幅広い分散投資が出来ない。

・強気相場には弱い。

・市場平均に負ける可能性がある。

・個別銘柄の倒産リスクがある。


実際の選定のやり方について

バフェット太郎本マネーマシンの作り方

米国株の魅力についてはある程度知り、「では米国株の銘柄選定はどのようにして決めていけばよいのか?」と疑問に思った際には、以下の手順で米国株の銘柄選定を行っていけは良いようです。

STEP1:銘柄数の決定
STEP2:景気循環別の銘柄数の決定
STEP3:個別銘柄の決定


余談ですが、速攻でお金持ちになりたいと思っている人ほど、値上がり益が期待できる1~2銘柄に集中投資したり、逆に下落を気にしすぎて50~100銘柄に分散投資しすぎてしまう人も意外と多いようです。

この見出しでもちょっと、STEP1~STEP3の内容について一つずつ述べていきます。

STEP1:銘柄数の決定

まず最初に、自分があらかじめ保有していきたい銘柄の数を決めていくのですが、まず大雑把に10銘柄からポートフォリオを構築していくのがオススメだそうです。

バフェット太郎さん曰く、個人投資家の最適な銘柄数は8~16銘柄になるそうで、これは分散投資によるリスク低減効果にも実際証明されているそうです。

それ以上の分散投資をしてしまうと、ポートフォリオの管理が難しくなってしまうことに加えて、売買手数料がかさんでしまうなどのデメリットがあるようなので、多く分散したいと思っても、最高で16銘柄に留めておいた方がよいでしょう。

STEP2:景気循環別の銘柄数の決定

銘柄数が決定したら、次に景気循環別の銘柄数を決定していくのですが、それぞれ景気循環に強いセクターというのがあるようで、具体的には以下のようになるそうです。

【景気循環別に強いセクター一覧】

「回復」・・・ハイテク株、金融株

「好況」・・・資本財株、一般消費財・サービス株、素材株

「後退」・・・エネルギー株

「不況」・・・生活必需品株、ヘルスケア株、通信株、公益株


景気循環別の銘柄数に関しては、自分に合うポートフォリオでOKらしく、ちなみにバフェット太郎さんのポートフォリオは「回復1銘柄、好況1銘柄、後退1銘柄、不況7銘柄」とかなり保守的なポートフォリオにしているそうです。

今回のコロナショックのように、一気に好況から不況に陥ってしまった時は大抵、自分の持ち株を投げ売りしてしまうかと思いますので、基本的にはバフェット太郎さんのような、かなり保守的なポートフォリオで構築しておけばまず問題ないことでしょう。

STEP3:個別銘柄の決定

最後は実際に個別銘柄を決定していくという流れになりますが、お金がお金を生むマネーマシンをつくるのに、何も特別なお宝銘柄に投資する必要はないようです。

誰もが知っている、一握りの優良株に投資するだけで十分なリターンが期待でき、バフェット太郎さんも、コカ・コーラやジョンソン・アンド・ジョンソンなどといった、誰もが知っている銘柄ばかりに投資しているようですね~

米国株に長期投資している投資家は、みんな似たり寄ったりしていることもほとんどみたいなので、米国株について発信している人たちを中心にいろいろと参考にして、自分なりに個別銘柄を選定していくというスタイルが一番妥当な方法でしょう。

投資初心者によくありがちな投資法について

バフェット太郎本残念な投資方法

特に投資初心者は、少しでも利益が出たりした際、次第に速攻でお金持ちになりたいという欲が芽生えはじめ、自分の財産を全力投資、結果大きな損失を被ってしまうといった大失態をやりがちです。

この本の最後部分にも、投資初心者によくありがちな投資法についても触れられてあったので、再度の注意喚起として、本記事でも掲載しておきますね。

【投資初心者によくありがちな投資法一覧】

・何も考えずに自分の全財産を全てつぎ込むこと。
・底値で買おうと待ち続けて中々投資できないこと。
・他者の話を鵜呑みにし過ぎて怯えてしまい、中々投資できないこと。
・割高感を警戒し過ぎてしまって配当金の再投資を見送り続けてしまうこと。
・他者の大儲けに妬みと焦りを覚え、海に飛び込む形で全力投資すること。


今現在有名な投資家も、以前は上記の投資法を行って結局失敗してきましたし、かという僕自信も以前に上記の投資法を行ってしまって、実際多くの損失だって被っております😭

速攻でお金持ちになりたいという欲求は一切捨て、老後に備える形で保守的に、そして長期の積立投資を淡々と行っていけば、次第に自分の目指すべき目標金額にたどり着くことがいずれ可能になることでしょう!

最後に:ある程度投資に慣れてきたらぜひ高配当投資に挑戦してみよう。

バフェット太郎本後ろのページ

以上でこの本の僕なりの感想の他、米国株投資がこれからスタンダードになることや、実際の銘柄選定の順番、初心者によくありがちな投資方法などについて述べていきました。

インターネットによって、アメリカは覇権国としての寿命も伸びているため、S&P500に積立投資している方は、今後も継続していっても大丈夫かと思います。

確認のためもう一度述べて見ますが、S&P500に積立投資することは、比較的割高株を買い続けているという意味にもなりますし、もし下落し続けてしまうという事態になってしまったら、逆に損をし続けてしまうことだって無くはないです。

もし、S&P500がだんだん不調になってきたときに備えて、「米国株投資の半分は高配当投資」というふうにポートフォリオを再構築する必要も、対策として始めといた方がいいかもしれません。

事前に僕は、米国株投資をしている他の投資家が、何の銘柄に投資しているのかを事前に調べてもいるため、近頃は米国株高配当投資も始める予定でもおりますね。

ただ、今後未来はどのようになっていくのかも分かりませんし、僕的にはやっぱり、初心者には高配当投資はちょっと難易度は高めなんじゃいかとも思っているので、この本以外の他の米国株投資本を読んだりなどして、徐々に深めていってから挑戦していくという形がよいかと思いますね。

再度告知になりますが、米国株高配当投資の魅力や特徴について詳しく述べられているので、米国株高配当投資をこれから始めていく際は、ぜひ読んで見ることを僕はオススメします!

今日も本記事を読んでいただき、誠にありがとうございました!