超少食で何もかも生まれ変わる!?【賢い人間になれます!】

和風ひらがな食

こんにちは、1日1食をメインに日々生活を送っているゆきじゃ(@yukizyajbcc)と申します!

最初に、「超少食になると何もかも生まれ変わる!」的な情報をネットで見たときは、「宗教だろ!」と思って今まで信じてきませんでした。

しかし仕事での悔しさをきっかけに超少食になってからは、何もかも生まれ変わったかのように、サクッと仕事を終わらせることができるようになりました。

また若さがよみがえったがゆえに、他の人から高校生と見間違われたり、お金に余裕が出てきたがゆえに、投資を始めることだってできるようになりました。

超少食による効果があまりにも多すぎるため、その魅力を伝えるとともに、困難に直面している人たちの少しでも力になれればいいなと思い、超少食の記事を書くことにしました。

ツイッター+インスタグラムでもこのように投稿しました。

View this post on Instagram

今の現代人は5食、4食はおろか、朝・昼・晩の3食すら食べすぎである。 ゆえに食べすぎが原因で数々の病気を引き起こしている。 超少食となると、「宗教だ!」と思われがちだが、実際に超少食は数々の効果があり、その数は20個以上にもおよぶ。 ブログにも詳細に書いておりますので参考にしてほしい。 芸能界ではビートたけしや水谷 豊、ビジネス界ではジャパネットタカタの高田社長らなどが超少食である。 超少食になることができれば、人生が変わったのと同然なので、変わりたいと思っている人は、ぜひ試してほしい。 #超少食ファスティング #超少食 #1日1食 #お金 #時間 #余裕が生まれる #夜飯のみ #腹八分 #デトックス #解毒作用あり #生まれ変わる #仕事が一瞬で終わる

ゆきじゃ@ブロガー・東北地方在住さん(@yukizya01)がシェアした投稿 –

あと、本記事の概要はこのようになります。

・超少食には、寿命を延ばしたりと、効果は20個以上もある。
・活躍している有名人らも実践している。
・人間を含むほとんどの生き物は、飢餓に強く飽食に弱い。
・昼飯→朝飯という順番で抜いていく。(あくまで一例です。)
・夜飯は夜飯で、腹八分にする。
定期的に水を飲むことを忘れない事!
デトックスという解毒現象に耐える必要がある。


寿命が延びる! 若さがよみがえる! お金にも余裕が生まれる!

健康寿命

超少食には、寿命を延ばしたり、若さをよみがえらせたりといった効果があります。

それだけではなく、食費にかかるお金も減るため、お金にも余裕を生ませてくれる効果もあります。

これらの効果は、誰もが欲しがる効果ではないでしょうか?

長く生きていきたい! 若さを保っていきたい! お金を節約したい! どれも人間の欲求に触れることですね~

次に、1個ずつ解説していきます。

寿命が延びる!

超少食になると、3食食べている人たちと比べて寿命が延びます!

ある研究では、腹4分までしか食べさせなかったサルは、満腹まで食べさせたサルと比べて2倍も長生きしたとか。

人間には、長寿遺伝子と呼ばれる遺伝子が存在し、カロリー制限することによってその遺伝子がオンになるようです。

世界の秘境の長寿村では、150歳や160歳という年をとっている老人もいることから、人間の寿命は私たちの想像をはるかに超えているかもしれませんね🧐

若さがよみがえる!

超少食には同時に、若さをよみがえらせてくれる効果もあります。

体の中で「デトックス」と呼ばれる解毒現象が起こり、毒素が取り払われることによって、肌1つ1つに若さがよみがえってくるのだそうです。

中には45歳という歳なのに、医者からは「あなたの肌年齢は20歳です!」と言われたとか。

やって良かった!1日1食 [ 船瀬俊介 ]という本によりますと、超少食全員が皆、若返ったとおっしゃっていると書かれていたため、超少食の驚くべき効果がわかりますね~

お金の余裕も生まれる。

食事にもお金をあまりかけなくなりますから、お金にも余裕が生まれてきます。

例えば朝・昼・晩で各500円をかけたとすると、朝と昼を抜いて1日1食にすると毎日1000円の節約になります。

これを1年続けると、1か月で3万円、1年で36万円ものお金がたまっていく計算になります。

間食といったお菓子類も買う必要もなくなるので、さらなる節約にもなりますね。

まるで「臨時収入」を得た気分にもなるため、余ったお金で投資や趣味などに回すことも可能になります😊

頭が冴える! そして疲れない!?

ひらめきのイメージ

超少食の効果は、寿命が延びる、若さがよみがえる、お金にも余裕が生まれるの3つの効果だけではありません!

他にも頭が冴えたり、疲れなくさせてしまう効果もあるのです!

僕は今現在でも超少食で、日々の生活を送っておりますが、ガチの意味で2つの恩恵をもろに受けております(笑)

こちらも1個ずつ解説していきます。

頭が冴える!

超少食になることで、頭が冴えるようになります。

脳内でも、「デトックス」と呼ばれる解毒現象によって、脳細胞が若返って活性化されるそうです。

また、飯を抜くことによる空腹感も、頭が冴える効果を促進させる効果もあるようです。

脳細胞の若返りによる活性化と空腹感、この二つが同時に来たときは頭の冴えがMAXになることでしょう!

こちらも1個ずつ説明していきます。

疲れない!?

超少食なると、ほぼ疲れないといっていいほど、疲れを感じさせにくくします。

食べ物の消化によるエネルギーの消費がないので、その分を活動に全て充てることができるというわけです。

それがたとえ、立ち仕事で体を動かす仕事でも、ほとんど疲れないために一瞬で終わってしまいます。

水についての記事でも、疲れにくくなるてきな項目を書いておりますが、それよりも上回るほどです😱

有名人らも実践している。

ガクトさんの画像
(出典:ハフポスト)より


活躍している有名人の間でも、1日1食派は結構います。

芸能界ではタモリさんが1日1食なのはもちろんのこと、ビートたけしさんも1日1食で朝は野菜ジュースだけであり、夜まで何も食べません。

ビジネス界でも、ジャパネットたかたで有名な高田明社長や、星野リゾートの星野佳路社長も1日1食です。

さらに海外にまで話を移すと、オバマ前大統領がシャケ定食の1日1食、ビル・ゲイツもハンバーガーやピザのみの1日1食派です。

活躍している有名人らも、超少食の方が最高のパフォーマンスを発揮できるということを知っているようですね😊

超少食の効果はこんなにもある!

朝食のメニュー

ここまでで超少食による効果を一部紹介していきました。

僕が今までネットや本を中心に情報を集めましたが、超少食にはこれだけの効果があるということがわかりました😄

一覧を見てみると分かりますが、効果があまりにも多すぎますね😅

毎日の生活に欠かせないツイッターでも、2回に分けてつぶやきました。

※それでも入りきらなかったものも、内枠にて追記しております。

【超少食で得られる効果はこんなにある!】

・持病が消えていく。
・病気にかかりにくくなる。
・免疫力が向上する。
・不妊症が治る。
・集中力がアップする
・頭が冴える。
・身体が軽くなる。
・仕事がはかどる。
・疲れない。
・寿命が延びる。
・加齢臭が消える。
・生き方が前向きになる。
・ショートスリーパー(短眠)になる。
・若さがよみがえる。
・細マッチョになる。
・精力妊娠力アップ。
・感情が豊かになり、心が広くなる。
・安物の食べ物でも高級に感じる。
・買い物、料理の回数も減る。
・お金の余裕が生まれる。
・時間の余裕も生まれる。
・冷えを避けて体温を上げる。
・ボケを防ぐ。


ここまできたら、超少食にしない意味はないかとおもいますよ😆

生き物は元々、飢餓に強い体つきである!

野生の親子サル

人間含む、地球上のほとんどの生きものに共通すること、それは、飢餓に強く、飽食に弱いということです。

大昔の時代を想像してみると、食料にありつけるのに必死で、常に飢餓との闘いですよね?

何日もの間、何も食べものを口にしなくても生きていけるよう進化していった歴史がありましたから、その名残が今でも残っているというわけです。

飢餓に強い体つきの常態で、たくさんの食べものを食べる、それは当然ながら、体が予想だにしなかったことだから、様々な病気を発症してしまうわけですね。

いきなり1日1食にしない!

少量の握り寿司

ここまでで超少食の素晴らしさを伝えたので、本記事を読んでいる人の中には、「明日から1日1食にしよう!」と決意をあらわにしている人もいるかと思います。

しかしいきなり1日1食にしてしまうと、あまりの空腹感に耐え切れなくなると同時に、かなりの精神的苦痛感を味わうことになってしまいます・・・

そのためにまず、各飯の量を1日ずつ減らして慣れさせ、最終的に飯を抜くという形になります。

ここで、「自分は活躍している人たちと同じように、超少食になるんだ!」という強い決意を持ち続けることを忘れずに。

超少食になるための手順は、このようになるかと思います。

①「昼飯」の量を1日ずつ減らしていく。
②最終的に「昼飯」を抜きにする。
③次に、「朝飯」の量を1日ずつ減らしていく。
④最終的に「朝飯」を抜きにする。
⑤「夜飯」の量を腹八分の量にする。


昼飯から減らしていく。

超少食になるための最初の手順として、午後からのパフォーマンスの妨げとなっている、「昼飯」から減らしていくことになります。

昼飯の量を減らしていくとき、人によって個人差がありますので、無理しない範囲で1日ずつ、そして少しずつ量を減らしていきましょう。

そして昼飯を抜きにしたときに、食べ物の誘惑に我慢することができれば、超少食になるための最初の関門突破です。

次に朝飯を減らしていく。

昼飯を抜くことができましたので、朝飯も同じやり方で1日ずつ、そして少しずつ量を減らしていきます。

昼飯の時点で、飯を抜くというつらさを克服することができましたので、朝飯を減らしていくという行為にも慣れていることでしょう。

そして朝飯を抜きにしたときに、食べ物の誘惑を我慢することができれば、超少食になったのも同然です!

夜飯は腹八分に。

ここまでくれば、夜飯だけ食べるという超少食スタイルになることができたと思います。

ただここで1つ注意したいことに、朝飯と昼飯の分も合わせて一緒に食べないことです!

夜飯に一気に食べ過ぎてしまうと、超少食にかかわらずお腹壊し確定です。

夜飯は夜飯! というふうに食べ、かつ腹八分の量で食べていけば、今後は超少食の活躍している人たちと同じパフォーマンスでこなすことができることでしょう!

デトックスという解毒現象に耐える必要がある。

腸内環境のイメージ

文中に「デトックス」とよばれる言葉が幾度も出てきましたが、正確には発熱や下痢といった一時的な症状が出てきます。

ウィキペディアではこのように説明されておりますね~

デトックス(detox)は、体内に溜まった有害な毒物を排出させることである。

この呼び名はdetoxification(解毒、げどく)の短縮形である。体内から毒素や老廃物を取り除くことである。
ウィキペディア(Wikipedia)より引用

ちなみに一時的に出る症状は、人によって全く違います。(僕の場合は発熱や若干の発疹がでました💦)

数日たった後は、デトックスによる解毒現象はだんだんとおさまっていき、その後は3食の頃よりパフォーマンスがかなり違うと思います😊

超少食になった分、水を必ず飲むこと!

水を飲む外国人女性

食事からとれる水分は夜飯のみになりますので、当然ながら水分摂取量は格段に減ります。

そのため、のどが渇いたのを境に、定期的に水分補給を行っていく必要があります。

当たり前ですが、水を飲まなければそのまま脱水症状に陥ってしまいます。

その逆もしかりで、1度に大量の水を一気に摂取してしまうと水中毒に陥ってしまい、命の危険にさらしてしまいます。

水の驚くべき効果や注意点など、水の記事も書いていますので、合わせてどうぞ!

関連記事:水の習慣づけで人生変わる!【疲れ感じなくなる!?】

まとめ

もう一度掲載いたしますと、本記事の内容はこのようになります。

・超少食には、寿命を延ばしたりと、効果は20個以上もある。
・活躍している有名人らも実践している。
・人間を含むほとんどの生き物は、飢餓に強く飽食に弱い。
・昼飯→朝飯という順番で抜いていく。(あくまで一例です。)
・夜飯は夜飯で、腹八分にする。
定期的に水を飲むことを忘れない事!
デトックスという解毒現象に耐える必要がある。


以上で、超少食の驚くべき効果や本当の事実、実践するうえでの注意点などを伝えてきました。

ここまで読んでいただけたからには、超少食の魅力についてたっぷり伝わったのかと思います。

僕自身も超少食になって以降、3食のあの頃には2度と戻れないと確信しており、寿命をまっとうするまでこのスタイルを貫いていく方針です。

自分を変えていく1つに、本記事の内容のものが含まれていましたら幸いでございます😊

また、参考になった本も掲載しますので、より詳しく知りたい方は是非読んでみてはいかがでしょうか?😊

参考になった本