【お金の最低限でいい知識】資産形成1年生はその参考に最適です!

資産形成1年生アイキャッチ画像


こんにちは、資産形成も着々続けているゆきじゃ(@yukizyajbcc)と申します!

「貯金をしているつもりが全然お金が貯まらない・・」という感じに、年代関わらずお金に困り続けている方は結構いるかと思います。

そんな、お金に困らないための参考になる本も色々とあるのですが、本記事を投稿したつい最近前に、KADOKAWAからお金に関する本が出版されました。

それが「これだけやれば大丈夫! お金の不安がなくなる資産形成1年生」と呼ばれる本で、以前三菱UFJ銀行に勤務していた小林亮平さん(@ryoheifree)という方がこの本にて、これからお金に困らないように資産形成を始める人に向けて分かりやすく解説されております。

当ブログでもこの本の魅力について感想・一部内容紹介という形で紹介していきますので、ぜひ資産形成を始める上で少しでも役に立ちましたら幸いでございます☺️

またTwitter・インスタグラムも欠さずツイート&投稿もしておりますので、ぜひそちらもフォローして頂けるとありがたいです!

ではここからこの本の僕なりの感想の他、まず固定費を削減することを優先すべきことや、楽天経済圏をうまく活用しようといった内容を中心に述べていきます。

感想はどうか?:資産形成の際一度読んで見ることをおすすめします!

複利について述べられている資産形成1年生

この本を実際に読了した感想としても、これから誰もが資産形成を行っていく必要がある上で非常に参考になる内容が多いそんな本だなぁというのが僕の感想でした!

固定費の見直し部分はもちろんのこと、楽天経済圏の活用やつみたてNISAでのおすすめファンドなど、お金に困らないための情報が色々盛り込まれておりました。

僕にとっては特に、「ふるさと納税」というのを活用することで地方限定の品や生活雑貨などが貰えることや、税金の控除も可能である点が参考になりましたね。

他にも、楽天経済圏を1ヵ月使い込んだときにどのくらいお得にポイントが貯まっていくのかや、ふるさと納税でどんなものが貰えたのかといったコラム的な内容も含まれておりますね。
 
小林亮平さんは他にも、Twitterやインスタグラムでも情報発信をしておりますので、この本と共に彼の情報をチェックし続けると何かいい発見もあるかと思いますね☺️

一部内容紹介①:まずは支出を押さえて固定費の削減を最優先に

固定費の削減について述べられている資産形成1年生

お金が中々貯まらないは人には共通点が存在し、この本で紹介されている内容も含めると以下の内容が挙げられますね。

【お金が貯まらない人の共通点一例】

・周に3~4日以上飲み歩く
・コンビニについ立ち寄って無駄買いする
・ソシャゲに10万円以上と課金しまくる
・要らないものまで大人買いをする
・タバコをその都度買って吸い続ける
・パチンコ屋に立ち寄ってお金を使いまくる
・不要なサブスクの月額料金まで払い続ける
・価値の生まない高級ブランドを買いまくる

など・・・


こういったお金の使い方は、専門用語では「浪費」とも言われ、この浪費という行為を辞めない限りいつまで立ってもお金が貯まりません。

ずっと浪費を続けていると、そのうち突然収入が途絶えた時に生活費が払えなくなってしまい、賃貸を追い出されるなど最悪生活が破綻するといった非常事態にまで発展してしまいかねません。

そのためにもまず、一つ一つお金が出ていっている要因を潰していき、次第にお金の管理を徹底しながらお金が貯まっていく方向に向かわせるようしていきましょう💰

不要な月額サービスなどは速解約を

お金が貯まるようにするためにまず最優先にするべきことは固定費の削減であり、使っていない月額サービスなどを解約したりして節約していく必要があります。

ちなみに月額サービスは「固定費」の一つなのですが、混同しないよう変動費と固定費にそれぞれ分けるならば以下のようになりますね。

【変動費=その日ごとに変わる費用】

・食費
・洋服代
・交通費
・医療費
・交際費
・娯楽代
・日用雑貨

【固定費=毎日ほぼ変わらない費用】

・家賃(マンションなど)
・通信費(スマホなど)
・車のガソリン代、駐車代
・水道光熱費
・保険料
・プライム会費などの月額料金サービス


変動費は自分に制限をかけることで節約が可能なのですが、その分自分のモチベーションを下げ続けることにも繋がるため、結局長続きしないのが難点です。

しかし、固定費に関しては一度見直せば節約効果は永遠に続き、仮に月2000円節約することが出来れば、年間換算で24000円の節約にもなります。

最初はめんどくさいのが現状ですが、それでも長い目でみれば絶大な節約効果なのは間違いないので、ぜひ今からでも見直すことをおすすめします👍

収入の10%を貯金に回して残りでやりくる

ついつい衝動買いをしてしまったり、計画的にお金を管理出来ない人にとっては、この本で紹介されている「先取り貯蓄」という貯金法をおすすめしております。

先取り貯蓄とは、まず給料が入り次第その内の10%を先取り貯蓄用の口座へ貯金しておき、残り90%の給料分でやりくりしていくというやり方になりますね。

先取り貯蓄を続けていくことで、10ヵ月経過した時には月収分のお金が貯まるようになる為、どんな人でもお金が貯まっていくのを改めて実感できます。

ちなみに先取り貯蓄用には楽天銀行がおすすめで、他の銀行が100万円預けても10円増と少ないのに対し、楽天銀行は100万円預けて1000円増と0二桁高いです。

またこの次でも述べる、楽天経済圏を有効活用出来る架け橋にもなりますので、まだ持っていない人は楽天銀行を口座開設することをおすすめします!

一部内容紹介②:楽天経済圏をうまく活用しよう

楽天経済圏について述べられている資産形成1年生

楽天の様々なサービスエリアを活用していくと楽天ポイントと呼ばれるポイントが貯まっていき、その貯まったポイントを日々の支払いに充てることが可能です。

この豊富な楽天のサービスを普段の生活で活用していくことを楽天経済圏と呼び、ポイントを活用しまくるポイ活の人達の間ではかなり人気のサービスです。

また楽天には、SPU(スーパーポイントアッププログラム)というものもあり、楽天のサービスを使いまくることで、楽天市場で商品の買う際に還元されるポイントの倍率を上げることも可能です。

楽天ポイントがザクザク貯まってしかも楽天市場でも還元率アップと、あまりにもお得しかないので、普段の生活ではぜひとも楽天経済圏は取り入れていきたいですね😀

楽天のサービスはこんなにもある!

楽天市場や楽天銀行以外にも楽天のサービスは多くあり、今存在するだけ楽天のサービスはこんなにも存在しております。

【楽天のサービス一例】

・楽天市場
・楽天銀行
・楽天証券
・楽天生命
・楽天競馬
・楽天ガス
・楽天Edy
・楽天ペイ
・楽天TV
・楽天トラベル
・楽天モバイル
・楽天ウォレット
・楽天ふるさと納税
・楽天ビューティー
・楽天西友ネットスーパー

など・・・


ただ今現在は、一部サービスが0.5倍と下がったり還元対象外と改悪しているのが現状ですが、それでも楽天市場で還元されるポイントが他のサービスよりも優秀なのは変わりないです。

ただそれでも、楽天経済圏をうまく活用することでサービスを一つ一つ違う他社で使い分けよりも断然お得なので、もし楽天市場での還元倍率など気になるようでしたら、以下のリンクを随時覗いてみるのも良いでしょう。

外部リンク:現在のSPU(スーパーポイントアッププログラム)の倍率

楽天経済圏を1ヵ月使うとこんなにも貯まる!

楽天カードや楽天銀行、その他楽天Edyや楽天ペイなど、楽天経済圏を集中的に活用するとどのくらい貯まるのかもこの本では例題として紹介されております。

楽天Edyや楽天ペイは大半の店舗で利用が可能ですし、規制緩和で電力とかも自由化されましたので、田舎在中でも楽天でんきやひかりを利用することが可能です。

ちなみにこの本の登場キャラであるペンタゴンの場合、コンビニや同僚の飲み会で楽天Edyや楽天ペイで決済、5と0のつく日に日用品の買い込みやふるさと納税の活用しまくりなどして、1ヵ月で8000ポイント以上楽天ポイントを貯められたと紹介されておりますね。

1か月の楽天経済圏について述べられている資産形成1年生

出張が多いサラリーマンや年収の高い方とかは、楽天トラベルやふるさと納税をより多く活用することが出来る為、ペンタゴンより多くの楽天ポイントを貯めることが可能でしょう。

楽天ポイントを月1万ポイント蓄積、固定費月2万円浮かせるとなると、計3万円節約・お得はかなり大きいと思うので、固定費を下げつつ楽天経済圏もぜひ有効活用していきましょう👍

一部内容紹介③:自治体への寄付(ふるさと納税)でよりお得に

ふるさと納税について述べられている資産形成1年生

私たちがよりお得に利用できるものに「ふるさと納税」という制度があり、地元以外にも自分が応援したい地方自治体(市区町村など)に寄付することが可能です。

寄付すると返礼品として自治体から地域の特産品が送られてくる他、寄付額から2000円を差し引いた金額が、所得税や住民税から控除させることも出来るようになります。

返礼品の種類も多く存在し、地域特産の果物や高級和牛の他、お米やトイレットペーパーなどの生活必需品なども自治体から貰うことが可能です。

ただし、ふるさと納税には6自治体以上への寄付には確定申告が必要な点や、家族構成によって寄付できる額に決まりがあるという制約もあるため、その点には気をつける必要がありますね。

本記事では詳しくは触れませんが、ふるさと納税は大変お得な制度であるのには変わりありませんので、今からでも積極的に活用していくといいですよー📣

最後に:一つ一つ出来ることから始めていきましょう

資産形成1年生後ろのページ

以上でこの本の僕なりの感想の他、まず固定費を削減することを優先すべきことや、楽天経済圏をうまく活用しようといった内容を中心に述べていきました。

固定費の削減や楽天経済圏の活用、積み立て投資等この本で紹介されている内容を継続していけば、誰でも100万円以上の貯金は達成出来るかと思います。

そのためにもややっぱり「行動を起こすこと」が最も大切であり、一つ一つ出来ることから行動していくことでお金に困らないための効果が次第に発揮されていきます。

その中でもまずは、固定費の削減が最も行動しやすいので、不要な保険の解約や格安SIMへの変更など、まず自分の出来るところからやっていきましょう!

こんな資産形成に役立つマネー本があるんだなあと、本記事の内容が少しでも本と読者を結ぶきっかけとなりましたら幸いでございます👍😊

合わせて読みたい

【コロナ後も参考】20代から読んでおきたい本11冊はこれだ!