【読書レビュー】「お金の大学」はどの金銭教本よりも分かりやすい!

人生を変える新たな本


こんにちは、お金に関する知識を日々身に付けているゆきじゃ(@yukizyajbcc)と申します!

お金の勉強をしている人の中でも、重要な部分だけが抜き出され、しかも分かりやすい表現で述べられているお金の教本を探している方もいるかと思います。

そんな中、両リベ学長さんという方のお金の大学は、皆が一番知りたかったであろう項目ばかりが掲載されており、しかもイラスト表現で分かりやすくなってもいるため、多くの人にも愛読されている特徴的なお金の教本が存在します。

僕自信も彼の発信する情報のおかげで、今まで以上に固定費を下げることが出来たと言っても過言ではないので、本記事でも、彼の「お金の大学」という教本についての魅力が伝わればなあとも思っております!

本当の意味で、どのお金の教本よりも一番分かりやすく実行しやすいので、この本と出会ったことで今まで以上に生活が楽になるきっかけになればとも思っております😊

日々マネーリテラシーを高めている時に使っているtwitterでも、このように呟いたりとしました。

ここからはこの本の感想の他、主に固定費削減部分(本記事では保険と賃貸)と、その他のお金の力のことを述べていきます。

将来お金に困らないためにも1度は必ず読むべきだと思います!

お金の大学社会保険料

この本を読了&メモ書きもした結果、お金の勉強していく上で「まずこの本だけは、ぜひ一度でも読んでおきたい。」というのが僕の感想でした。

冒頭でも少し述べましたが、上の画像のようにイラスト表現で非常に分かりやすく、そして読者が一番に知りたかったであろう項目ばかりが掲載されているのが特徴です。

主に固定費削減の部分が本の内容の大半を占めているのですが、この本の内容どおりに行動するだけで、月1万円以上もの固定費を削減してしまうことが可能となっております。

SNSとかでも、彼の発信する内容のおかげで人生が楽になっていったなどのコメントも多く、ファンの人生に多大な影響を及ぼしていることから、彼の発信する内容はどの影響力のある人よりも有料級であるとも言っていいでしょうね~

彼の本の内容を細かくインプットし、そして行動していくだけで、だんだんとお金に困らないようになっていくのはほぼ確実だと思いますので、将来のためにもこの本は必ず1度は読むべきではないかと僕は思っております!🤔

これからの新社会人は特に読んでおきたい。

学校を卒業する新社会人は、多くの大人たちにとっては格好の標的となりやすいため、自分の身を守っていくためにもこの本はぜひ新社会人にも読んでほしいなあとも思っております。

ともあれ、人間はかなり欲深い生き物である以上、物やサービスを売る業者は、自分さえ儲かっていればそれでいいというふうに、実際の相場よりぼったくり価格で売り付けていることが多いのが現状です。💦

特に賃貸を貸す不動産や、金融商品を売る金融業界は結構闇が深く、それによって多くの人の財産がどんどん減ってしまっているのもまた実状でもありますね…(かんぽ生命など。)

無知は搾取の対象となりやすく、そして他人からも絶好の標的にもなりやすい危険な状況でもあるため、自分の身を守る上でも正しい知識を身に付けていくことが日々大切となってきます。

お金に困らないようにするためにはまず固定費の見直しから

お金の大学固定費削減

大半の人は、今すぐにでも経済的自由送りたいと願っているかと思いますが、まず第一段階として、私たちが今までに支払っている固定費の見直しから始めることが最も大切となってきます。

私たちが感情で何となく買った商品やサービスの多くは、意外と多くの固定費を払っているという実状があり、金持ちへの第一歩はまず固定費の削減からとも言われております。

光熱費の見直しや大手キャリアから格安SIMへの移行、不要な保険の解約や自分のある程度の欲の制限といった固定費の見直しを行うだけで、人によっては月に3万円以上ものお金を浮かせることだって可能になるようです。

ちなみに人生にかかる固定費には6つ存在するようで、「お金の大学」では以下のものがあるというふうに述べられておりますね。

【「お金の大学」で述べられている人生の6大固定費一覧】

1.通信費
2.光熱費
3.保険
4.家
5.車
6.税金


一見、サラリーマンは節税なんて出来るのかと疑問に思いがちですが、副業による青色申告や医療費控除、ふるさと納税などの活用で節税することが出来るようです。

固定費を浮かせればその分、自分の趣味の足しになるだけでなく、資産形成や投資にも回すことも出来るので、固定費の削減はぜひ誰でも実践していきたいところですね!🤔

必要な保険は3つだけ!

お金の大学保健

「お金の大学」によりますと、基本的にぜひとも入っておきたい保険というのは3つだけでOKだそうです。

その保険とは、火災保険、掛け捨ての生命保険、自動車保険の3つであり、細かな内容も含める以下のように表すことが出来るようですね~

【必要な保険は3つだけ!】

1.火災保険
・掛け金に見合うリターンあり。
・年間3000円程度で入れる。
・入居の際に業者オススメの保険に入った場合、保険料が高い可能性があるので見直しする必要がある。

2.対人対物(無制限)の損害保険※車・自転車持ちのみ
・もしも大きな事故を起こしてしまったら巨額の賠償金が必要になるため、自分相手双方のためにも入っておく。
→なお、車両保険はコスパが悪いため不要

3.掛け捨ての死亡保険※子供(自活できない身内がいる場合のみ)
・自分が一家の大黒柱の場合は、遺された家族が生活に困らないように入っておく。
→ただし遺族年金と貯金で生活できる場合は加入不要

・ちなみに住宅ローンがある場合は、ローン契約時に団体信用生命保険に加入していれば、名義人が死亡するとローンの支払いはなくなる。


不要な保険の一例については次の見出しで述べておりますが、よほどのことがない限りは上記3つの保険で問題は解決出来るようですね。

もしどうしても、それ以外の保険が必要だなあと感じた時は、保険の内容と相場の見積もりをしっかりと調べた上で加入していくといったやり方をしていくと良いかと思います~☺️

私たちが何なとなく感情で入った保険は、実は不要な可能性があり。

私たちが何かに備えようと保険に入る時、「あれも起こったらどうしよう・・・」「これも起こったらどうしよう・・・」というふうに、何も考えずにただ感情で保険に入っているかと思います。

しかし両リベ学長さんによると、私たちが何となく感情で入った多くの保険は不要である可能性が高く、保険の中には多くの保険金を払ったのに、実際使うと一部の金額しか降りなかったという事例もあるようです。

特に、保険と投資を混ぜたような外貨建て保険は結構悪質極まりない保険のようで、保険でお金が全然増えないどころか、余分に手数料が取られて実質お金が減ったり、挙げ句の果てには元本割れを起こして大きな損失を負う危険性があったりと、苦情も結構多い保険だそうですね…💦

以下に保険についてメモった内容も掲載しておきますので、もう1度保険を見直すきっかけとなれば幸いでございますm(__)m

【不要な保険一覧例】

・医療保険
・養老保険・貯蓄型生命保険
・個人年金保険
・学資保険
・その他不要な保険(ペット保険、地震保険、外貨建て保険等)


不要な保険の理由や特徴など。

〇医療保険
・将来に備えて年間10万円の保険料を払い続け、
・20年後に病気やケガになって150万円保険金が返ってくる。
 というアホな話になりかねない。

〇養老保険・貯蓄型生命保険
・「保険」と「貯蓄」の両方の機能を備えて、掛け捨てじゃないタイプの保険
→高い保険料・少ない保険額が特徴のため不要

〇個人年金保険
・終身年金ではない。(長生きリスクに対応していない。)
・利回りが低すぎる。
・インフレに対応していない。

〇学資保険
・利回りが低すぎる。
・保障が少なすぎる。
・インフレに対応していない。
・途中解約で元本割れのリスクがある。

〇ペット保険
・低確率・大損失に備えたものではない。
・保険適応外の病気が多すぎる。
 (慢性疾患、予防医療、高額手術には使えない)
・病院代が全額出るわけではない。(3割は自己負担)
・1年毎更新のものでは、老齢になると更新出来ないケースもある。

〇地震保険
・意外と保険金が出にくい。
→東日本大震災のときでさえ、被災した人の7割が「一部損」という判定だった。

〇外貨建て保険
・搾取なので絶対に入らない!
・為替変動による元本割れリスクあり。
・低利回り(かなり高い手数料のせい。)
・売る側が外貨建て保険を売ると、約6%~10%の販売手数料が受け取れる。
→そして毎月毎年何%も手数料を取れる。
 セールストークは、元本は安全・高利回り(手数料についての説明はなし)


賃貸物件も意外とぼったくりが多い。

お金の大学賃貸物件

不動産仲介業者経由で提供する賃貸物件でも結構闇が多いようで、賃貸契約時の初期費用で20万円以上取られてしまうことも結構多いようです。

しかし契約前に、賃貸についての相場をよく調べておくと、良い仲介業者を見極めることが出来る他に、10万円以上も初期費用を安くすることだって出来るそうですね~

お金の大学値下げ交渉

また、業者の指定する火災保険とかもぼったくりの可能性が高いようで、交渉によっては年間1万円払っていたものが、実質2000円にまで下がったということもザラにあるようです。

交渉となると、手間もかかるしめんどくさいかもしれませんが、少しでも経済的自由を目指しているなら、不動産仲介業者との交渉にはしっかりと粘っていくことが大切となってきますね。

賃貸退去時でもぼったくりの可能性が大。

賃貸は入居時だけでなく、転勤などでの退去時でもどうやらぼったくりが横行してしまっているようです。

ちなみに、ワンルームの退去費用の相場は高くても5万円くらいだそうで、それより高い場合はぼったくりに遭っている可能性が高いというふうに「お金の大学」では述べているそうです。

お金の大学退去物件時ぼったくり

そのため、退去時に無駄なお金を支払わないためにも、「原状回復」という言葉についてしかと理解する必要があり、意味合いは以下のようになるそうですね。

原状回復とは借りた当時の状態に戻す事ではなく、普通に生活していれば発生してしまう傷みや汚れ「以外で」物件に与えてしまったダメージを復旧することである。

〇賃借人が負担しなくていい損耗(通常の生活で発生する傷みや汚れ)
・経年による壁紙の黄ばみ
・家具設置によるフローリングの凹み
・畳の日焼け
 など

〇賃借人が負担すべき損耗(自分の過失で発生した傷みや汚れ)
・子供の落書き
・タバコのヤニ汚れや焦げ跡
・物をぶつけた破損
 など


原状回復の詳細については、国土交通省のホームページで公開されている「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」で確認することが出来るようです。

ガイドラインを読んで「原状回復」の定義を理解しておくと、業者による不当請求を見抜けるので、年収が低い人たちは特に理解しておきたい知識かと思いますね🤔

お金を「稼ぐ」「増やす」「守る」「使う」の残り4つの力も忘れずに。

お金の大学お金の5つの力

両リベ学長さんによると、固定費削減の「貯める力」以外にも、豊かな人生行路を歩むその他の方法として「稼ぐ力」「増やす力」「守る力」「使う力」の4つのお金の力を身につける必要があるというふうにも述べております。 

まず「稼ぐ力」の中には、安く仕入れて高く売るせどりやプログラミング、動画編集や写真などのデジタルコンテンツ販売などがあります。 

次に「増やす力」の中には、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)といった投資信託や、高い配当金が貰える高配当株、インフレに強い不動産などがあります。

サラリーマンの給料所得に加え、副業による所得+資産運用などの資産増加も合わせることが出来れば、経済的自由を達成することがより容易になってくるかと思います。

「守る力」というのは、詐欺やぼったくり、被災や盗難などの、外部からあなたの資産を奪おうとする魔の手から守ることを指します。

そして最後に「使う力」というのは、家族や友人へのプレゼントや慈善団体への寄付、自分が本当にやりたかったことへの浪費などのことを指しますね~

「貯める力」「稼ぐ力」「増やす力」「守る力」「使う力」、この5つのお金の力を無事マスターすることが出来れば、「自分の人生が最高のものだった!」と言えることはほぼ間違いないでしょう!☺️

最後に:新たな人生を変える本の1冊となることはほぼ間違いないかと思います。

お金の大学後ろのページ

以上でこの本の感想の他、主に固定費削減部分(本記事では保険と賃貸)と、その他のお金の力のことを述べていきました。

このお金の大学という本一冊で、お金についての大半を知ることが出来るのもそうですし、この本1冊で他のお金の教本何冊か分の価値もあるのではないかとも思っております。

経済的自由を目指している人たちには、特に指標となることはほぼ間違いなさそうですし、それ以外の人たちも、気づけない内容ばかりで結構驚かれるかとも思います。

そのため、生活ギリギリで送っている人は特に読んでおきたい本でもありますし、むしろこの本は金持ち父さん貧乏父さん級にならぶ人生変える本ではないかとも僕は思ったりもしますね~

一つ一つ行動しなければならないのがネックなのですが、その分この本の価格以上の価値ははるかにありますので、自分の人生を楽にさせていくためにも、ぜひ今日から行動していけば良いかなあとも感じたりしております~

本記事の内容が、読者のマネーリテラシーを向上させていく一つの動機になれば幸いでございます!😊

両リベ学長自身も、「分からないことは何でも聞いてやー!」とも動画でおっしゃってもいたため、彼のコミュニティや各種メディアも掲載しておきますので、分からなかったらぜひ聞いてみてはいかがでしょうか?