個人情報はメモを使って活用せよ!

各個人情報にメモを貼り付けているところ

いつも購読していただきありがとうございます。
記事は引き続き書いていきます。

影響力のない僕がいってもアレなのですが、
成功している人や活躍している人はメモ魔といわれるほど、
メモを多様に使います。

僕もそういった人たちのスタイルをまねており、
何かふとアイデアや言葉が思いついたときに、
メモを取ってすぐに書くような癖をつけています。

今ブログに書いている文も、仮眠をとっている間にふと頭からでたので、
ふと頭に出たのを忘れないうちにメモに書き、
それをブログにそのまま書いたり、少し文をいじったりなどして書いています。

寝るベットの近くや車の窓の下、PCとテレビゲームの手前側、
作業着のポケット等、ありとあらゆる場所にメモ帳を用意しておくことで、
すぐにでもメモを取ることができる環境を整えています。

仕事の時なんかはこなしている最中は基本とることはできませんが、
少しのすき間時間があり、かつアイデアが浮かんでいる時は、
忘れないうちにメモを取ったりしています。

メモを取っているうちにアイデアがだんだんうっすらと消えてしまって、
「あれ、何書こうとしてたっけ?」となってしまうこともありますけどね(笑)

個人情報を取り扱うときは主にメモ帳などのエディターを使用して、
各種サービスを管理しています。

今回は今現在僕がメモを実践している中で個人情報の管理方法について
メモの活用方法を説明していきたいと思います。

僕が様々なサービスを登録していく上では時必ず、
メモ帳にメアドやパスワード、その他必要項目があれば、
それも必ず残しています。

必要項目がメアドとパスワードのみの場合、
例えば僕の場合はこんな感じで管理しています。

メアドとパスワード管理

僕の場合は各種サービス用にメアドは統一にし、
パスワードは各サービスごとに違うパスワードにしてあります。

その他必要事項を控える必要がある場合は、
こんな感じで登録しています。

メアドとパスワード、その他必要事項

ここまで控えるとなると大変かもしれませんが、
個人情報の紙をなくすよりかは断然マシです!

よく各種サービス登録完了に送られてくるメールや紙には、
「重要な情報なので忘れず大切に保管してください。」
的なものがよく送られてくるのですが、
いちいち管理するのは大変です。

紙など何かのメモ用紙でも管理する人もいますが、
ごちゃごちゃになってしまっていざ必要になった時に、
「あれ、どこいったっけかな?」
となってしまったりして探すだけでもかなりの時間を費やしてしまいます。

そのため各種サービスを登録時の際はこのようにして
管理しておくと後々ログイン時必要な時に、
コピー&ペーストで簡単にログインすることが可能です。

また、各種サービスを登録していくうちに個人情報が多くなって、
管理が大変になってしまったときは下の画像のように分けたり、
ショートキー「Ctrl+F」を押して特定の文字を打って検索したりと、
ジャンルごとに整理しておけばいいでしょう。

個人情報検索した時の画像

僕はこんな感じで各種サービスを登録していくごとに
メモ帳エディターを使用して管理しています。

いかがでしたでしょうか。

メモを取る癖を日頃つけているかいないかで、
この先の人生を生きる上で雲泥の差になっていることは間違いないです。

個人情報もそうですが、重要度のある情報があった時でも、
メモを取ることは欠かせません。

これを言うと批判を浴びそうですが、
やっぱり一番は個人情報をなくしたりなどで一度失敗体験をし、
その反省を生かして登録時にメモを取った瞬間、
メモの重要性に気づくという形の方がよいかもしれません。

僕も以前は色んな所に置いたりなどして、
いざ必要となった時にいろいろ探したりと、
数々失敗した経験もありました。

最後に僕から一言。
メモを今からでも取る癖をつけましょう!