高橋ダンさん著書本もお金を増やす上でもおすすめの一冊です!

アイキャッチ画像にもなっている高橋ダンさん著書本


こんにちは、日によっては次の投資戦略についても考えているゆきじゃ(@yukizyajbcc)でございます!

日々お金について考えていくことが、お金持ちを目指す上では重要であると言われておりますので、給料が入り次第次の投資戦略を練ったり、いい投資本を見つけては買ったりとしていって勉強も欠かさずに行っている当方でございます。

コロナパンデミック後といった、世界が変わった状況でも無論本は出版されており、その中でも高橋ダンさん(@Dan_Takahashi_)という方の初著書世界のお金持ちが実践するお金の増やし方という本も出版されたので、僕も気になって購入しました😁

ちなみに高橋ダンさんは過去に、ヘッジファンドと呼ばれる巨大企業に勤務していた経歴もあるそうで、その経歴を活かし、YouTubeでも今後の投資戦略についても紹介されているため、僕も日々参考にさせております~

高橋ダンさん流の理想的な資産配分はもちろんのこと、世界のお金持ちの平均的な資産配分、時間を効率的に使っていく方法についてと色々述べられておりますので、これからお金を増やしていく際にこの本も役立つことは間違いないかと思いますよ!💰

さて、投資の動向にも使用しているTwitterとかでも、このように呟いたりとしました!

本記事ではこの本の僕なりの感想の他、お金持ちを目指す上での心構えや習慣の改善、長期投資の資産配分や短期投資も加えることもおすすめすることなどを中心に述べていきます。

コロナ後にお金を増やしていく上できっと参考になると思います!

高配当株の注意について述べた高橋ダンさん著書本

この本も読了&メモ化してみても、コロナ後の投資戦略について投資初心者&投資経験者問わず、お金を増やしていく上でこの本も参考になりそうな、そんな本だなあというのが僕の感想でした!

高橋ダンさんの存在は、本記事を投稿したちょっと前に知ったのですが、この本や動画でもこの先の投資戦略についての有益情報を述べてくれますし、今まで分からなかったチャートの分析方法についてもこの本で理解することが出来たりもするので、非常に助かっております☺️

特に、コロナショックが起きた翌年の2021年は、株式市場はバブル相場になるのではないかと多くの投資係YouTuberが言ったりもしていることからも、この本で紹介されている投資先に投資をすることで、読者も十分バブル相場の恩恵を受けることが出来るかとも思います。

日本人のほとんどの資産は、日本とアメリカに偏り過ぎている人も多くいるかと思いますが、ドル安が今後も続くであろうということや、中国から撤退していく企業はどんどん増すであろうということからも、僕は今後、ベトナムといった東南アジアを中心に投資をしていく方向の予定でさひ。

今後も世界のほとんどの国が、量的緩和(簡単に言うとお金を掘りまくっていく政策のこと)を続けていく以上、ドルや日本円といった法定通貨の価値は一層低くなっていきますので、それに対抗していく上でもきっと役に立つと思いますよ!👍

お金持ちになるためにはまず、自分の心構えや習慣などを見直すことが大切です。

1章について述べられてある高橋ダンさんの著書本

「心が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。・・・」といった有名な格言があるように、お金持ちになっていくためにはまず、強い夢や目標を持っていることが何よりも大切となってきます。

ちなみにお金持ちには、オールドマネー(先祖からの財産を相続してお金持ちになった人たち)と、ニューマネー(自分でビジネスを興したり、資産運用をしてお金持ちになった人たち)の2種類が存在するそうなのですが、ニューマネーの人たちの方が見習うべきことが多いので、ニューマネーの人たちから見習うことをおすすめしますね。

ニューマネーの人たちの特徴には3つあるそうですが、まず第1の特徴としては、「何よりも強い目標や夢といった非常に強いパッションを持っていること」で、朝起きてから夜寝るまでずっと考えていることが多いです。

ビル・ゲイツやジェフ・ヘゾスなどの起業家らがイノベーションを起こしたとき、彼らの商品やサービスの質が高いのも、背景に非常に強いパッションが関係しているそうですね。

次にニューマネーの2つ目の特徴に「個人支出が少ないこと」が挙げられ、これは意外かもしれませんが、お金を使うことにそれほど興味を持っていないことが非常に多いようです。

最後に3つ目の特徴に「時間を効率的に使っていること」であり、住んでいる場所の見直しや、通勤時間の短縮などで、「毎日の無駄な時間をいかに減らすか」を常に心がけていることも多いそうです。

あとニューマネーの人たちは、自分の健康に気をつかっている人も多く、1日のうちの3時間を筋トレとかに使っているのも、健康を維持していくという点では非常に合理的な判断に基づいているとも言えるでしょう!💪

新しいことはまず、小さく始めて試していく。

「新しいことを始めるなら100%の力でやりきらないといけない」と考えている人も多いかと思いますが、世界のお金持ちの人たちは、そういった人たちとは真逆の戦略を取るそうです。

その真逆の戦略とは、「まずは10~20%くらいの力で新しいことを始め、それから軌道修正をしながら徐々に力を入れていく」という戦略だそうです。

この戦略は、「お金を増やしていく上では大切な考えである」というふうに高橋ダンさんはこの本で述べており、それによって効率的・多角的に理解でき、途中で挫折することなく早く結果も出すことも出来るそうです。

「すべてを調べて勉強してから始めるのではなく、少しだけポジションを入れて様子を見る。」

この方法はまた、自分に合っていないと感じた時にもすぐに手を引くことも出来るので、今からこの方法を試していくのも良いかとも思いますね。😁

自分の周りの枠を広げてみる。

今現在の僕もですが、ほとんどの人は毎日、朝起きて、仕事へ行って…などを繰り返しがちなのが現状ですが、世界のお金持ちは「多様化して考える」こともとても大切にしているそうです。

行動パターンをおもいっきり変え、自分の周りの枠を大きくすれば、周りの人たちから様々な刺激を受けることが出来ると同時に、もっと斬新なアイデアを出すことだって可能にもなるそうです。

ただ何も今すぐに、自分の行動パターンを変える必要はなく、まず考え方から少しずつ多様化していくことで、自ずと自分の行動面でも少しずつ、多様化方面に向いていけるそうです。

多様化は、自分の資産を増やしていく上で有利に傾けることができる他、他の人たちと差をつけられることや、豊かな人生を送ることも出来るといったメリットもあるそうなので、僕も多様化出来るよう着々と行動も起こしたりもしておりますね。🏃‍♂️

投資とはシンプルに言えば、「お金を預けて増やすこと」でもある。

2章について述べられてある高橋ダンさんの著書本

前半部分では主に、お金持ちを目指していく上での心構えや習慣等について一部紹介してきましたが、この見出しでは主に、投資の基本について一部だけ紹介していきます。

本記事をご覧になっている読者の中でも、「投資=ギャンブルor危険」と思っている方も少なくないかと思いますが、ここは思いきって「投資=貯金」と考えてみると、投資へのハードルは一気に低くなるのではないかと高橋ダンさんはこの本で述べられたりもしております。

ただし、当然ながら投資には必ずリスクというものがつきものなので、先の見出しでも述べた通り、まずは10~20%くらいの力で新しいことを始め、それから徐々に力を入れ始めといったやり方で投資に挑戦してみるのが望ましいでしょう。

高橋ダンさんは今までの経験の中で、投資で利益を出すための法則には5つあるとこの本でも述べられており、本記事でも掲載するならば以下の通りになるそうですね。

【投資で利益を出すための5つのルール】

1.情報を出来るだけ集める。
2.自分の”心”で判断する。
3.分散投資をする。
4.買う理由、売る理由を記録する。
5.一度に大きく売買しない。


投資をするときに、「何%のリターンを目指す」といった目標を立てる人もいるかと思いますが、目標を立ててしまうと、投資に対してネガティブな気持ちが強まってしまうため、特に投資初心者は注意が必要です。

ちょっとここからは、「支出を3つに分けて投資資金を確保する。」「長期投資の資産は危機に強いポートフォリオにする。」「短期資金の1~3割は短期でハイリターンを狙う。」の3つについて述べていきます。

支出を3つに分けて投資資金を確保する。

「毎月の積立投資資金はどうやって確保すればよいのか?」

この問題を解決するためにおすすめなのは、以下のように支出を3つに分けると良いというふうに、この本は述べられておりますね。

【以下のように支出を3つに分けるのが良い模様です!】

1.住居費(家賃、住宅ローン、光熱費など)

2.自分や家族のためのお金(生活費、教育費など)

3.その他(趣味や飲み会など)


上記の中でも特に、趣味や飲み会などといった「その他」の部分から投資資金を確保していくのが最も妥当的でしょう。

「その他」の部分から、投資資金が確保出来るようになるまでは期間を要するかとは思いますが、自分の浪費を少しずつ減らしていったり、マネー管理をしっかりしていったり等をしていけば、そのうち投資資金を確保することが出来るようになります!☺️

長期投資の資産は危機に強いポートフォリオにする。

高橋ダンさんの場合ですと、「その他」から確保した投資資金の7~9割を長期投資に、残りの1~3割を短期投資へとポートフォリオ(金融商品の組み合わせ)にすることをおすすめしているそうです。

長期投資の部分では主に、株式や債権、コモディティといったものに投資していくのですが、具体的には以下の資産配分にすることが望ましいそうですね。

【長期投資の理想的なポートフォリオ】

4~6割 : 株式、社債、不動産(先進国、途上国、ドル建て、円建て、他通貨建て)
→経済が成長しているときに、この部分の資産が増える。

1~3割 : 国債(日、米、欧)、現金
→危機の際に元本が守られる。

2~4割 : コモディティ(金、銀、プラチナ、ビットコイン、その他)
→危機の際に価値が上がることも。


おおよその割合については大体、上枠の資産配分で大丈夫かとは思いますが、ここは自分の年齢と性格に応じて決めていきたいですね。🤔

短期資金の1~3割は短期でハイリターンを狙う。

先で述べた長期投資の特徴としては、長く続けることによって複利効果が得られ、資産を大きく増やすことが可能な点です。

その反面短期投資の特徴は、長期投資よりも短い期間でかつ、はるかに高いパフォーマンスを期待することが出来るという大きな強みになります。

ただ当然ながら、短期投資は長期投資とはまったく戦略が異なるため、こまめに相場をチェックする必要がありますし、相場を見極める力を得るまでにそれなりの期間を必要とします。

他の投資本が、長期投資のみへの投資法を推奨しているのに対し、高橋ダンさんはなぜ短期投資もポートフォリオに加えた方がいいということに対しては、疑問を持った方も少なからずいるかとは思います。

その理由として、今回のコロナショックのような経済危機が起こった際に、短期投資の資産でカバーすることが出来るからだそうなので、可能ならば短期投資も極め、ポートフォリオの一部にした方もよさそうですね。🤔

世界経済を知ることは同時に、お金について知ることでもある。

7章について述べられてある高橋ダンさんの著書本

「お金持ちを目指す上ではなぜ、世界の経済を知っていく必要があるのか?」

その理由として、株式市場と経済は相関している確率が高いだからだそうで、それは過去200年の歴史の中でも証明されてもいるそうです。

当たり前ですが、一般的に経済が好調な時には株価が上昇し、その時に上昇した株を売却すれば、自分の資産を増やすことが出来るとされております。

しかし、経済と株価は短期的には必ずしもリンクするわけではなく、例えばこの先経済が上向くと予測される時には、他の投資家らは先回りして株式を購入したりすることがよくあるのだそうです。

そのため一般的に株価は、経済データより数ヶ月早く動き、コロナショックにおいてもタイムラグもあったりするそうですが、これはチェックする経済データを変えることで解消することも出来るとこの本では述べられておりますね。

こんな感じで、様々な経済データをチェックすることで、株式市場の動きを把握することが出来ることから、お金持ちを目指す上で世界経済を知ることは必須になりそうですね。

最後に:日々マネー管理や投資の勉強、そして実行等繰り返していけば、誰でもお金を増やしていくことが可能です!

後ろのページ側の高橋ダンさん著書本

いかがだったでしょうか?

この本は本記事でも述べた内容についての他に、チャートの分析や経済指標といったちょっとプロ向けのまで幅広く紹介されております。

そのため投資初心者の場合は、この本の前半部分を読了した後に、この本でも紹介されているおすすめのETFに少しずつ投資をして様子を見ていくといったやり方が良いかと思います。

逆に投資に慣れている人でしたら、チャートの分析や見方を理解したこの機会に短期投資を始め、失敗を繰り返しながらこの本を見返し、そして改善していくといったやり方も面白いかもしれませんね。

高橋ダンさんは今後も、また新しい本も出版する予定でもおりますし、今後の経済の流れについてもYouTubeを通して発信しているそうなので、仕事終わりの食事中にチェックしてみるのもいいかもしれません。

少々難しい部分もあったかとも思いましたが、本記事の読書レビュー記事でも、読者のお金増やしの際の一役に貢献出来たら幸いでございます!😊