若くして自由人となった人たちは存在する! 一部の人間も紹介!

自由人となった人たち

はじめに余談を・・・

平日の朝、お金のために嫌な仕事をしなければならない日がやってきた。

融通の利かない体を無理やり起こし、朝食を食べた後、憂鬱な状態で家を出る。

駅に着いては電車に乗車し、人がぎゅうぎゅう詰めに(いわば満員電車)の状態で嫌な仕事をする目的の場所まで死んだ顔の状態で向かう。

目的の場所まで到着し、普段の慣れている状態でいざ仕事を開始。

昔の価値観を無理やり押し付けようと上司からのストレス。そのストレスを受け止めながら8時間という労働時間、さらには13時間といった長時間労働を行う。(下手すれば電通並みに20時間といった労働をしては会社に寝泊まりするということもあったり💦)

そして消耗しきった体を無理やり引きずる形で動かしながら駅に到着、家に帰るときも同じく満員電車の状態で家まで向かう。

家に到着した後は夕食を作る気力がないので、途中で買ってきたコンビニで買った弁当を食べ、その後石鹸を使って軽くシャワーを浴びる。

その後すぐに体を乾かしてはパジャマを着た後、電気を消して就寝。

気持ちよく寝ているうちにあっという間に仕事をする朝の時間へ経過、「仕事行きたくない!」と頭の中で常によぎった状態でまた仕事をするための支度を行う。

平日は以下ループを繰り返し、「やっと休みだあー!」と思っても休日の日は消耗しきった体を落ち着かせるだけで精一杯。

やりたいことを何もできずに休日があっという間に終了し、また嫌な仕事を行う日が訪れる。(平日)

そして以下ループを何週間、何か月と続けていくうち、そのうち頭の中で誰もが思うあの言葉を思い浮かぶでしょう。

「自由になりたい。」「セミリタイアしたい。」という言葉を。

そう願っていくうちに何か月、何数年、そして何十年というときが過ぎていく。

気づいていたら老人になってる年であり、60代を過ぎたある歳を境に定年退職を迎える。

定年退職を迎えようとするのと同時に、「やっと嫌な仕事、嫌な上司、嫌なストレスから解放されるんだ!」と喜びに満ち溢れることでしょう。

そして定年退職をするための各種手続きを終え、年金も受け取った後に「さて、これからは自由の身だ!」と意気盛んにこれから何かしようとする。

その後しばらくするとある言葉がふと頭の中から出てくる。



「あれ、これから何をすればいいんだろう?」



そう思うようになり、次第に今まで歩んできた人生を振り返ってみたりもする。

テレビや動画などで、旅行を楽しんでいる人たち、芸術を描いている人たち。 こういった定年より歳の下の人たちが人生を楽しんでいる様子を見ると必ず思うような言葉がある。

「あの時、あの年頃でもっとこうしていけばよかったなあ。」
「もっとこうすれば自分の人生は輝いていたなあ。」

そう後悔しながら残り僅かな人生を過ごしていくのだった。

若くして自由人になった人たち

ほとんどの人はこんな感じの日々を過ごしているかと思います。

つらい仕事を日々耐えながら毎日を頑張っている人達は僕にとっては本当に尊敬しますよ。(僕も本当は会社にいたかったけど、うつ病になりつつな状態まで追い詰められたので、やむなく退職してしまった経緯があります・・・)

そんな状況のなかで若くして自由人になった人も存在します。

自由人とは何ものにも強制されず、自らの運命を自分で決めることができ、思いのままに生きる人、もしくは人々
出典:Wikipedia

今現在わかる範囲ではありますが、例えばこの人達がいます。

まず一人目にだいぽん(@hamadai1008)という方

この人は大学の中学年くらいまでは何事もなく、普通の人と同じような進路でした。

しかし、普通通りの大学生活を過ごしていたある日の突然、両親がパチンコに依存してしまいます。

その結果、多額の借金を背負う羽目になってしまいます。

借金を返済するためにアルバイトを始めたのだが、その稼いだお金のほぼ全ては両親のパチンコの娯楽へとすぐに消えてしまいます。

このままではいけないと次にせどり(転売)をはじめ、アルバイトの給料を超えるようになります。

その勢いでアフィリエイトを開始、わずか6カ月という短い歳月で月収100万円という売り上げを達成させ、次第に貯まっていた多額の借金の完全返済に成功。

次第にお金のために働く必要がなくなるまで稼ぎ、2018年の上旬にアーリーリタイア、自由人の身となりました。

続いて二人目はともしん(@tomosintomosin)という方。

自由人となる前は元々、とあるスーパーの雇われ店長でした。

長時間労働を送る日は当たり前、朝起きて帰って寝るだけの成功で月20万の収入、子供もいましたがかまう気力もない状態でした。

とある場所でだいぽんという方と運命的な出会いをし、彼からFXの知識を深めるとともにFXに関するアフィリエイトを行うことを提示されます。

FXのアフィリエイトをすると、次第に店長の収入を上回る売り上げを達成。 雇われ店長という職を退職、自由人の身となりました。

最後に

以上で2人の自由人を紹介しました。

今現在自由人となっても、同じように苦しんでいる人向けに自由人になるための有料電子書籍を無料でプレゼントしているキャンペーンを行っております。

以下のリンクからたどれますので、自由人に興味のある方、また自由人をめざしている方は是非一度読んでみてはいかがでしょうか?

▼だいぽんさんの電子書籍はこちら👇
自由な人生を手に入れる教科書

▼ともしんさんの電子書籍はこちら👇
君たちはまだ本当の安定と自由を知らない